猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)猫エイズとは?

blog, 猫のこと, 猫の病気について

猫に注意したい病気リスト10位の中にある「猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)」とは、何が原因で感染してしまうのか、どう治療をした方がいいのか、また予防方法は何なのかをご紹介させていただきます。

原因

人間や猿のエイズウイルスと同じように、さまざまな慢性疾患が特徴的ですが、人間のエイズウイルスとは別の病気で、ウイルスの別物です。もちろん、人間のエイズウイルスが猫に感染したり、猫のエイズウイルスが人間や犬に感染することはありません。

このウイルスは猫同士の接触や喧嘩の傷によって感染します。感染源は外で生活している野良猫に多く、完全室内飼いの猫は感染しません。

症状

感染すると、最初の1年程はリンパ腺が腫れたり、軽い下痢が続いたり、細菌感染等を繰り返します。そのうち症状がなくなることが多く、外見上は普通の猫とは区別できません。それから数年し、病状の進んだ猫で一番多い症状は、口内炎で、口に中に潰瘍ができ、歯肉が盛り上がったりして、口臭やよだれが目立つようになってきます。食事を食べる時は痛みがあります。また、大したことのない傷が化膿したり、目や鼻からは分泌液をだしていたり、やせ細って下痢や熱が続くことがあります。病気に対する抵抗力の減退が特徴的ですが、感染していてもかなり長生きることもあります。

誤解しやすいのが、ウイルスに感染していることがエイズウイルスではなく、猫エイズウイルスが体内に侵入し、病気になり免疫不全をおこしてから初めて猫エイズと呼ばれます。感染したかどうかは血液検査でわかり、若い猫が急に死亡してしまうという病気ではありません。

予防方法

感染している猫との接触が一番の原因なので、外へ出さないことが一番の予防になります。また、完全室内飼いでも念のためワクチン接種をすすめます。また、猫は縄張り争いで雌猫をめぐり喧嘩をするので、避妊手術や去勢手術を必ずおこなっておきます。原因がなくなれば必然的に喧嘩に発展することもなく、一番の予防方法ともいえるでしょう。

治療方法

猫エイズには特効薬がありません。免疫力が低下して出てきた症状別に治療をします。歯肉炎や口内炎の治療や、下痢や外耳炎の治療で抗生物質などを投与します。

blog, 猫のこと, 猫の病気について

Posted by neko