猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)とは

blog, 猫のこと, 猫の病気について

猫に注意したい病気リスト10位の中にある「猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)」とは、何が原因で感染してしまうのか、どう治療をした方がいいのか、また予防方法は何なのかをご紹介させていただきます。

原因と症状

猫のパルボウイルスというのが原因の病気です。特に子猫や若い猫が病気になりやすいです。ウイルスに感染してから短い潜伏期間(数日程)で急に発症します。最初の症状では元気や食欲がなくなることで、水も飲まずにうずくまった状態になります。この時に熱が出ます。

多くは嘔吐や脱水症状となります。下痢をすることもあり、ひどい状態だと血便をすることもあります。この病気は、血液の白血球を調べると、体が細菌と戦うために白血球数が非常に少ない数値になります。そして、いろいろな病原体に対する抵抗力が一時的に下がってしまうので、脱水がひどくなり、体温も低ってくるとよくない兆候の現れになります。

とても怖い病気で、不幸にも助からない猫もいます。水分補給と栄養補給に努め余病が無ければ快方に向かっていきます。また、一度回復した猫には強力な免疫ができ、終生この病気にはかからなくなります。

きわめて伝染力の強いウイルスなので、同じ兄弟猫が次から次へと感染し、発病することも珍しくありません。妊娠中の母猫が感染すると、ウイルスは胎盤を超えて胎児を冒し、流産や死産になってしまうこともあります。また、分娩の前後に感染すると脳に異常をもつことになる場合もあります。

予防方法

猫汎白血球減少症のワクチンは猫用ワクチンとしては一番古くからあります。多くの猫が予防接種を受けていて、確実に予防効果がみられています。しかし、屋外にはワクチン接種を受けていない野良猫や捨て猫がいるので、ウイルスは次々に感染し絶えることがありません。

室内飼いの猫の場合、家から一歩外に出ればウイルスがいる汚染された環境です。そして、このウイルスは非常に強いウイルスなので、人間の靴にも付着します。そこへ無防備な猫がいると感染してしまう可能性があります。

このウイルスは洗剤やアルコールでは消滅せず、ブリーチ(漂白剤)かホルマリンしか効果がありません。このような恐ろしいウイルスから猫を守るためには、玄関にも出さないようにするか、ワクチンを接種することしかありません。

子猫の時期から正しいワクチン接種を行ってあげるのが、飼い主の責任です。

blog, 猫のこと, 猫の病気について

Posted by neko