猫カリシウイルス感染症とは

blog, 猫のこと, 猫の病気について

猫に注意したい病気リスト10位の中にある「猫カリシウイルス感染症」とは、何が原因で感染してしまうのか、どう治療をした方がいいのか、また予防方法は何なのかをご紹介させていただきます。

原因と症状

猫のカリシウイルスが原因の症状は、鼻気管炎と似た症状をおこしたり、口の中に潰瘍をつくるもの、肺炎をおこすもの、腸で感染してとくに症状が出ないものがあります。他の症状は、涙や鼻水、結膜炎、下・唇・口の中や鼻の頭に潰瘍、肺炎の症状のいずれかが見られる場合もあります。

感染は他の病猫との接触によって発症します。症状は感染する機会があってから約3日間の潜伏期間があります。発熱に伴い、元気がなく食欲の低下がみられます。通常は2週間以内で回復しますが、肺炎を起こした場合は死亡することがあります。特に子猫の場合は、じっとうずくまり呼吸が荒くなったら要注意です。

回復した猫は免疫ができるので、その後症状を見せることはありませんが、ヘルペスウイルスのように潜伏し、そのウイルスが体外へ排出されることはありません。動物病院での治療は、ウイルス性鼻気管炎の場合とほぼ同様です。

予防方法

予防は、ウイルス性鼻気管炎の場合とまったく一緒で、集団の免疫によりウイルスに感染する猫を減らすことです。ヘルペスウイルスよりもやや強いウイルスなので、ウイルスの居場所を無くすことで感染する猫を減らしていいきます。

blog, 猫のこと, 猫の病気について

Posted by neko