猫の危険な病気12種類

blog, 猫のこと, 猫の病気について

愛する猫ちゃんが病気にかからないように飼い主の責任として、しっかりと予防接種はしなくてはなりません。いくら室内で飼っているとしても、飼い主が外から病原菌を持ち込んでしまい感染してしまう場合もあります。そこで、今回は、猫の危険な病気の中で、特に注意したい病気のリストをご紹介させていただきます。

猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)

猫同士のケンカの傷で発症します。発症すると完治が難しいのですが、そのまま発症しないこともあります。

  • 症状:免疫力低下、慢性口内炎
  • 予防方法:ワクチン接種、完全室内外飼育の徹底

猫白血病ウイルス感染症

感染した猫の唾液に接触する。また母猫のお腹の中に居る時に感染することもあります。

  • 症状:食欲不振、発熱、下痢
  • 予防方法:ワクチン接種、完全室内外飼育の徹底

猫伝染性鼻気管炎

感染した猫との直接的な接触や、空中に飛び散った唾液などで感染する。

  • 症状:くしゃみ、鼻水、発熱、結膜炎など
  • 予防方法:ワクチン接種

猫汎白血球減少症

感染した猫との接触で感染する。致死率が高いウイルス性の猫の病気です。

  • 症状:発熱、嘔吐、血便など
  • 予防方法:ワクチン接種

猫カリシウイルス感染症

人にはうつらないネコ特有の風邪の一種。

  • 症状:目やに、よだれ、くしゃみ、口内炎など
  • 予防方法:ワクチン接種

猫クラジミア感染症

クラジミアに感染している猫と接触することで感染する。早期治療で治ることが多い

  • 症状:目やに、結膜炎、くしゃみ、せき
  • 予防方法:ワクチン接種

猫伝染性腹膜炎

致死率の高いウイルス性の病気。腹膜炎や胸膜炎をおこす。

  • 症状:腹水がたまる、食欲不振、下痢
  • 予防方法:ワクチン接種

気管支炎・肺炎

こじらせた風邪が原因で発症する。進行が早いので早期発見が重要

  • 症状:せき、発熱、呼吸困難
  • 予防方法:ワクチン接種

乳腺腫瘍

いわゆる乳がん。高齢の雌猫に多く見られ、肺などにも転移しやすい。

  • 症状:胸のしこりとはり、乳頭から黄色い液体が出る
  • 予防方法:避妊治療を早めに行う

糖尿病

血糖値が上がり、飲む水の量が急増する。肥満のネコがなりやすい。

  • 症状:食事量や飲水量の増加、体重の減少
  • 予防方法:食事管理と運動不足の解消

甲状腺機能亢進症

甲状腺ホルモンの異常分泌で、エネルギーを大量に消耗してしまう病気

  • 症状:食欲の増加、挙動不審、攻撃的になる
  • 予防方法:症状の確認後の早期発見

膀胱結石

膀胱内に結石ができ、粘膜を刺激することで膀胱炎を引き起こす

  • 症状:血尿、頻尿
  • 予防方法:水をよく飲める環境にし、尿路結石用の食事に変える

まとめ

「猫の危険な病気12種類」いかがでしたか。大切な家族の一員の猫ちゃんが体調を崩すととても心配になります。予防接種で予防できる病気も数多くあり、飼い主さんと一緒に治療していかなくてはいけない病気もあります。もしかしたら病気かも?と思い、症状が当てはまる場合があれば、すぐに動物病院に連れて行き、適切な治療を行うようにしましょう。また、定期的な健康診断をして、病気の早期発見と早期治療に努めてください。

 

blog, 猫のこと, 猫の病気について

Posted by neko