猫の糖尿病とは

blog, 猫のこと, 猫の病気について

猫に注意したい病気リスト10位の中にある「糖尿病」とは、何が原因で感染してしまうのか、どう治療をした方がいいのか、また予防方法は何なのかをご紹介させていただきます。

原因

猫の糖尿病は、糖尿病性ケトアシドーシスといわれています。この病気にかかる原因は、すい臓からですインスリンというホルモンの分泌される量が減ることにより、インスリンが上手く働かなくなることにより、高血糖が引き起こされる病気です。

糖尿病の発生は生活習慣が深くかかわっていて、10歳以上の高齢の猫や、去勢したオス猫、肥満であるといった猫たちが糖尿病になるリスクが高いと言われています。人間の糖尿病と似た病気です。

飼い主が猫の糖尿病に気づかずに放置してしまったり、治療をはじめても血糖値のコントロールができない場合は糖尿病性ケトアシドーシスに陥るといわれています。この糖尿病性ケトアシドーシスは、体の中に重度のインスリン不足が起こることで引き起こされる病気で、インスリンがなくなる代わりに体のエネルギー源として糖分を使うことができなくなり、代わりに脂肪を消費していきます。この時に、発生する代謝産物がケトン体と呼ばれる酸性の物質です。この酸性の物質が体の中に著しくはっせいするために、体内が酸性に傾くことが原因となります。



症状

糖尿病が発病すると多飲多尿といわれ、水をたくさん飲んで、色の薄い尿を沢山排泄するという症状があります。されあに、食事をしているのに痩せてきたり、食欲がなくなってきたり、元気がなくなります。よく寝ているとき、毛につやが悪なってきた等も不調の一因です。急性に悪化すると、頻呼吸や嘔吐、昏睡などの意識障害が見られます。

治療

血液検査や尿検査、レントゲン検査を行います。糖尿病性ケトアシドーシスはスグに適切な治療が必要になり、ほおっておくと命にかかわるので動物病院へ入院させて適切な治療をしてもらいます。入院後は、点滴でミネラルと脱水の管理をし、毎日血液検査を行います。血液検査で血糖値が安定するまでインスリンを投与します。また栄養管理もしっかりと行われ、基礎疾患や併発疾患の治療も同時におこなっています。

まとめ

この糖尿病性ケトアシドーシスの治療には、積極的な治療を施すためには20万円以上の高額な治療費がかかってきます。経済的な面で治療ができない場合もあるかもしれません。猫も大切な家族の一員です。もしもの時の為にペット専用の保険もあるので加入を検討したり、ペット用の貯蓄をしておいてはいかがでしょうか。

blog, 猫のこと, 猫の病気について

Posted by neko