病気になる前にワクチン接種を!猫ちゃんの伝染病について

blog, 猫のこと, 猫の病気について

子猫が生まれたとき、人間と一緒で母乳を通じて免疫を譲られることは知っているかと思います。ですが、離乳する頃には、この免疫の効き目も徐々に薄くなっていき全く無防備の状態になってしまいます。そこで今回は、予防接種で予防できるワクチンのある伝染病についてご紹介させていただきます。

猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)

  • 原因と症状

猫のパルボウイルスというのが原因の病気です。特に子猫や若い猫が病気になりやすいです。ウイルスに感染してから短い潜伏期間(数日程)で急に発症します。最初の症状では元気や食欲がなくなることで、水も飲まずにうずくまった状態になります。この時に熱が出ます。

多くは嘔吐や脱水症状となります。下痢をすることもあり、ひどい状態だと血便をすることもあります。この病気は、血液の白血球を調べると、体が細菌と戦うために白血球数が非常に少ない数値になります。そして、いろいろな病原体に対する抵抗力が一時的に下がってしまうので、脱水がひどくなり、体温も低ってくるとよくない兆候の現れになります。

とても怖い病気で、不幸にも助からない猫もいます。水分補給と栄養補給に努め余病が無ければ快方に向かっていきます。また、一度回復した猫には強力な免疫ができ、終生この病気にはかからなくなります。

きわめて伝染力の強いウイルスなので、同じ兄弟猫が次から次へと感染し、発病することも珍しくありません。妊娠中の母猫が感染すると、ウイルスは胎盤を超えて胎児を冒し、流産や死産になってしまうこともあります。また、分娩の前後に感染すると脳に異常をもつことになる場合もあります。

  • 予防方法

猫汎白血球減少症のワクチンは猫用ワクチンとしては一番古くからあります。多くの猫が予防接種を受けていて、確実に予防効果がみられています。しかし、屋外にはワクチン接種を受けていない野良猫や捨て猫がいるので、ウイルスは次々に感染し絶えることがありません。

室内飼いの猫の場合、家から一歩外に出ればウイルスがいる汚染された環境です。そして、このウイルスは非常に強いウイルスなので、人間の靴にも付着します。そこへ無防備な猫がいると感染してしまう可能性があります。

このウイルスは洗剤やアルコールでは消滅せず、ブリーチ(漂白剤)かホルマリンしか効果がありません。このような恐ろしいウイルスから猫を守るためには、玄関にも出さないようにするか、ワクチンを接種することしかありません。

子猫の時期から正しいワクチン接種を行ってあげるのが、飼い主の責任です。

猫のウイルス性呼吸器感染症(ウイルス性鼻気管炎)

  • 原因と症状

この病気の原因は猫のヘルペスウィルスで、感染している猫のくしゃみや分泌液などから感染します。このウィルスに感染すると3~4日で急に元気と食欲がなくなってきます。また、鼻水やくしゃみも激しくするようになり、目も涙目になって結膜炎が起こります。よだれを出す猫も居ます。

症状が出てから3~4日で一番激しい症状が現れ、通常は1週間程で回復に向かいます。ですが、子猫の場合は食事が食べられずに脱水や衰弱が進んで命にかかわる危険もあるので注意が必要です。また、抵抗力がなくなるので、細菌感染が合併してしまうと症状が激しくなり長引く原因になります。

病院では、分泌液で汚れてしまった目や鼻を綺麗にし、脱水や栄養不良があれば適切な処置をし、細菌感染の予防と治療してもらえます。

一般には、急性の経過で病気は終わりますが、それは猫にそのウイルスの免疫ができるからです。ですが、このウイルスは生命力が強いため、神経細胞の中に隠れて潜伏しています。時間が経って、猫がストレスを受けたときや、免疫が下がった時に、再び症状が再発することがあります。

ですが、このウィルスを体外に出してしまうと、他の猫に感染することがあるので、一度この病気にかかった猫は、免疫あるが、ウィルスも持っているというこを知っておく必要があります。

  • 予防方法

予防の原則は、感染源との接触を完全に経つことと、予防接種です。くしゃみ・鼻水・涙目という症状が出ている猫ならば感染源とわかりますが、問題は一度病気にかかった猫が無症状のままウィルスを放出していることです。ウイルスを効果的になくすためには、猫を飼ってる飼い主が協力して、ワクチン接種を受けるということです。

カリシウイルス感染症

  • 原因と症状

猫のカリシウイルスが原因の症状は、鼻気管炎と似た症状をおこしたり、口の中に潰瘍をつくるもの、肺炎をおこすもの、腸で感染してとくに症状が出ないものがあります。他の症状は、涙や鼻水、結膜炎、下・唇・口の中や鼻の頭に潰瘍、肺炎の症状のいずれかが見られる場合もあります。

感染は他の病猫との接触によって発症します。症状は感染する機会があってから約3日間の潜伏期間があります。発熱に伴い、元気がなく食欲の低下がみられます。通常は2週間以内で回復しますが、肺炎を起こした場合は死亡することがあります。特に子猫の場合は、じっとうずくまり呼吸が荒くなったら要注意です。

回復した猫は免疫ができるので、その後症状を見せることはありませんが、ヘルペスウイルスのように潜伏し、そのウイルスが体外へ排出されることはありません。動物病院での治療は、ウイルス性鼻気管炎の場合とほぼ同様です。

  • 予防方法

予防は、ウイルス性鼻気管炎の場合とまったく一緒で、集団の免疫によりウイルスに感染する猫を減らすことです。ヘルペスウイルスよりもやや強いウイルスなので、ウイルスの居場所を無くすことで感染する猫を減らしていいきます。

猫専用の救急箱を用意しておきましょう

救急箱の中にには、

はさみ・動物用の体温計・ガーゼ・ばんそうこう・下痢止め・オリーブ油(体温を測るときに使う)・消毒用せっけん・綿棒・オキシフルイソジン液(一般的な殺菌用)・包帯 

を入れて常備しておき、いざという時の備えにしておきます。

猫の予防接種

子猫が予防接種する時期は、原則的に生後8~10週に第1回め、1ヵ月後に第2回目です。ただし、かぜの症状を出している猫が同居している場合は状況がかわります。また、3回目も必要な場合もありますので、動物病院でよく相談しましょう。

その後は1年に1回の追加接種が必要になってきますが、健康な成猫の場合はいつでも予防接種が受けられます。今では3種混合や5種混合などの、様々な病気に対する予防接種がありますので、動物病院の先生と話し合いきちんと予防接種を受けるようにしましょう。

まとめ

「病気になる前にワクチン接種を!猫ちゃんの伝染病について」いかがでしょうか。人間もインフルエンザの症状を弱めるために予防接種をします。ですが、猫ちゃんの予防接種の場合は他の猫にも広めない、自分の猫ちゃんも移らないようにするための最善の対策です。動物病院へ行くことが嫌いな猫ちゃんもいると思いますが、年に1度の予防接種はきちんと計画的に接種しに連れて行くことが飼い主としての責任ではないでしょうか。

 

 

 

blog, 猫のこと, 猫の病気について

Posted by neko