猫が居心地のいい環境の作り方

blog, 猫と暮らすために, 猫のこと

家族の一員の猫ちゃんが、安心してリラックスできる環境を作ることは飼い主の責任です。与えられた世界でしか生きることができない猫ちゃんには、唯一のワガママを伝えられる相手は飼い主さんしかいません。猫ちゃんに落ち着いて安心してもらえる環境の作り方をご紹介させていただきます。

猫にはやさしく

猫ちゃんが毎日過ごしている家の中は、猫ちゃんにとっては「世界」です。猫ちゃんの習性をしっかり理解してあげないと、猫ちゃんにはストレスにしかなりません。猫ちゃんの習性の高い場所で過ごせる空間作りや、活発に動き回る子のために危険な物は片づける等リラックスできる環境を作ってあげましょう。

猫用ベッド 人が歩く同線ではない、静かで落ち着ける場所に置きます。
キャットタワー 高い場所がない場合に落ち着けるように設置してあげましょう。運動不足の解消や、窓際に置いて外が見えるようにしてあげます。
爪とぎ 好みの素材を見つけてあげて、よく爪を研ぐ場所に置きます。
段差のある家具 猫にとっては段差の家具も遊び場の一つです。物を落とされないようにしておきましょう。
ドアにはストッパー ぶつかった時にドアが閉じてしまったり、挟まれてケガをしない対策をしておきます。
高窓も危険 思ってもいなかった高い場所にも飛び乗ってしまうので、うっかり窓を開けっぱなしにしておくのは危険です。

完全室内飼いのすすめ

閉じ込めた空間で生活させるのは、猫ちゃんにとっては窮屈でかわいそうだと思うかもしれませんが、それは間違いなのです。以外かもしれませんが、猫ちゃんにとって外で生活するということは危険がいっぱいなのです。交通事故や伝染病の感染のリスク、近所の庭等で排泄してしまい、ご近所トラブル等、現在では行政でも完全室内飼育を推奨しています。室内飼育の猫ちゃんにとって、外は「縄張りではない」という認識になります。猫ちゃんを長生きさせるための一番を考えると室内飼いが一番なのです。

外の世界には危険がいっぱい

外で飼育している、他の野良猫と大喧嘩をしてケガをして帰ってきたり、近くに畑があれば農薬などを口にしてしまう可能性もあります。

交通事故猫 交通事故 素早く動くイメージの猫ですが、とても交通事故にあいやすい動物です。車が向かってきたときに、逃げずに防御態勢をとるために止まって丸まってしまうのです。また、夜だとヘッドライトで目がくらんでしまって動けなくなってしまい、そのまま轢死してしまう場合も多いです。
虐待

 

猫が嫌いな人の中には、野良猫を虐待してニュースになったりと見かけることもあります。極端な例ばかりではないかもしれないですが、いつどこで自分の最愛の猫ちゃんがいじめられてるか、猫ちゃんは喋れません。
伝染病の感染猫 病気 野良猫のほとんどは、なんかしらの病気をもっています。ノミやダニ、喧嘩することで傷口からばい菌が入って化膿してしまい命に係わることもあります。

部屋に置いておいてはNGな物

ねぎさといもアロマイヤホン

オシャレな部屋は、猫ちゃんにとっては暮らしにくい部屋です。人間と猫ちゃんの暮らしやすさや快適さは一致しません。人間がクラス部屋では、猫ちゃんにとってはとっても有害なものが数多くあります。植物由来のアロマオイルは人間にとってはいい香りがしてリラックスできるかもしれませんが、猫ちゃんにとっては猛毒です。また、ユリ科をはじめとするネギ類やサトイモ科の野菜、観葉植物や切り花など、猫にとって毒とされる植物は実に、数百種類もあるとされています。さらに、人間用の薬やサプリメントは、その成分の中に、少量だけ食べただけでも猫ちゃんが死に至るものもあるので保管場所には十分注意が必要です。また、食べ物ではないですが、電気のコードや、イヤホンの線などもじゃれて感電してしまう可能性もあるので、感電防止のカバーを取り付けるなどの予防も必要です。

キャットタワーは落ち着ける空間

猫ちゃんの本能は高い所を欲します。ゆうゆうと見下ろせる居場所があるとリラックスできます。猫ちゃんが高い所を好むのは獲物を高い木の上から見張っていた本能です。その習性を理解して、冷蔵庫や本棚の上には物を置かないようにしてあげましょう。キャットタワーは猫ちゃんの落ち着ける場所として有効で、管理人の家では子供たちからの避難場所や、外を眺めるために、気が付いたらキャットタワーの最上階でぐっすりと寝ています。猫ちゃんにキャットタワーを選ぶ際には、なるべく高さがあり安定感のある物を。滑り落ちるのを防止するために起毛タイプで爪がひっかかりやすいものを。角がかくばっていなく丸まっているものを選ぶようにしてあげましょう。ちなみに麻がまいてあるキャットタワーの方が爪とぎをする場所にもなってくれるので、できるだけ麻を使ってあるものがオススメです。多頭飼いの場合は、キャットタワーでも暴れるので突っ張り式のしっかりしたものがいいと思います。

高価なベッドよりも段ボール


猫ちゃんが落ち着けるようにと、高いペット用のベッドを購入してもなかなか寝てくれないことはないでしょうか。我が家では、気にくわなかったのかオシッコされました。洗ってから毎日使っている毛布を入れてあげたら寝るようになりましたが。猫ちゃんが一日に眠る平均時間は16~17時間もあります。一日のほとんどを寝床で過ごしますが、必ずと言って猫用ベッドで寝てくれるわけではありません。猫ちゃんは好きな場所で好きなだけ眠ることが、最高の幸せなのです。無理に高価なベッドを用意しなくても、段ボールにお気に入りの毛布等を入れておいてあげれば、そこが猫ちゃんにとっての一番落ち着ける場所なのです。寝床を置く場所は日向と日陰の二ヵ所に置いておきます。また、人間が動き回る場所は避けますが、人が近くにいると感じられる場所においてあげるようにしましょう。

トイレの数は猫ちゃんの数+1

猫ちゃんはとても綺麗好きです。トイレが汚れているとトイレ以外の場所で用を足してしまうことがあります。また、トイレ以外で一度オシッコをしてしまうと匂いが付いて、何度もトイレ以外で用をしてしまう可能性があるのでトイレは1日に最低2回は掃除するようにしましょう。そして、常に綺麗なトイレを使えるように家の中に2~3ヵ所トイレを用意してあげましょう。大きさは、猫の体よりも1.5倍程の大きさで、さりげなく飼い主の視界が入る位置がいいです。

トイレを設置するポイント

猫トイレ イラスト

猫ちゃんは、用を足している時は、とても神経質になっています。トイレは静かで落ち着ける場所に置いてあげましょう。ただし、いつも居る場所から遠くへ置いてしまうと我慢してしまい、膀胱炎などになってしまうので注意してください。多頭飼いの猫ちゃんの場合は、どの猫ちゃんが排泄したのかを確認することも大切です。

猫砂はどれがいい?

トイレの種類も豊富にありますが、トイレ用の砂も数多くあります。猫ちゃんにも、砂の選り好みがあり、いつも使っていた砂と違う砂を使うとしなくなってしまう事もあります。猫ちゃんの好みに合わせて砂を選んであげましょう。

爪とぎは最初に何種類か試して

気分よく爪が研げる場所があれば、猫ちゃんも幸せを感じます。数多くの飼い主さんの中には、家具や柱、ソファー等で爪を研がれ、頭を悩ましていると思います。爪とぎは、猫ちゃんの本能的な行動なので、辞めさせることはできません。家具や柱で爪を研いでしまう場合は木製の爪とぎを。ソファー等で爪を研いでしまう場合は布製や麻製の爪とぎを置くようにしましょう。

使いすぎたら交換を

爪とぎ

猫ちゃんが気に入って爪を研いでいると、引っかかりが悪くなり、また他の場所で爪とぎを始めてしまいます。高価な物でなくてもいいので、こまめに新しい爪とぎへ交換してあげるようにしましょう。

子猫の時から練習で、さりげなく何度か練習してあげると、自分の匂いがついた爪とぎを使うようになります。

 落ち着く隠れ家作り

猫ちゃんが本領発揮できるように、体がすっぽりと収まるような空間を作ってあげましょう。野生時代の名残りで、外敵から身を守る習性がある猫ちゃんは、狭い隙間や穴が大好きです。人間の手が届かないような場所や、廊下の隅の方に段ボールやトンネルのおもちゃを置いておいてあげるといいです。ですが、長時間隠れている場合は体調不良の可能性もあるので注意も必要です。

ドアは少し開けておく

猫はブラブラと自由に行動することが大好きです。入ってもらいたくない部屋はちゃんと閉め切り、入っていい部屋にはドアストッパー等で猫ちゃんが通れる道を確保しておいてあげましょう。猫ちゃんが、縄張りになっている家の中をパトロールすることができるのも飼い主さんの優しさです。

猫ちゃんにエアコン

猫ちゃんは一般的に寒がりで、暑さには強い動物です。夏に暑いからと言って、冷房をかけておくと、猫ちゃんにとっては寒い可能性もあります。猫ちゃんは、自分で快適な場所を見つけられるように居場所を選べるようにしておきましょう。

何故脱走しちゃうの?

猫ちゃんは家が嫌いなわけではないのですが、好奇心が旺盛で、隙があれば脱走を試みます。完全室内飼いをしている場合、外は危険な場所ばかりです。猫ちゃんが脱走しないために、玄関ドアの内部に補助扉を付けたり、ベランダにはネットを付けたりと、脱走できないように予防しておきましょう。もし、脱走してしまった場合の為に、迷子札やマイクロチップを埋め込んでおくなどの対策のやり方もあります。また、窓は鍵をかけておかないと、開けてしまう頭のいい猫ちゃんもいるので、しっかりと鍵をかけておきましょう。

まとめ

「猫が居心地のいい環境の作り方」いかがでしたか。飼い主として、猫ちゃんにもっと喜んでもらえる環境を作ってあげ、さらなる信頼関係を築きたいものですよね。猫ちゃんの中には愛情を与えても、知らんぷりされてしまうかもしれませんが、きっと気持ちは通じているはずですよ。是非、猫ちゃんの居心地のいい環境作りの参考にしてみてはいかがでしょうか。

blog, 猫と暮らすために, 猫のこと

Posted by neko