ネコと暮らしを充実させるために

blog, 猫と暮らすために

ネコと一緒に暮らしていると、遊んでもらいたい時や甘えたいときなど徐々にわかってきますよね。だんだん「ネコ心」がわってきているようになっている飼い主さんですが、本当に猫の気持ちがわかってきているのでしょうか?そこで、今回はネコの本能を生かして、ネコと充実した暮らしをできるようなことをご紹介させていただきます。

ネコのハンター本能をくすぐる遊び方

生来のハンターの本能がある猫は遊びをしながら狩りの方法を学んでいます。ネコと遊ぶ時は、獲物となる小動物の動きを取り入れ、ネコの狩猟本能を刺激しながら遊ぶと夢中になって追いかけてきます。ですが、ねこは基本的には飽きっぽいので、一度に遊ぶ時間は短く、遊ぶ回数を増やしてあげることが大切です。ネコとの遊びは、運動不足やストレスの解消に役立ちます。

子猫の時代はとにかく遊ぶ

遊び方はネコの年齢によって変えてあげます。子猫などは成長期の段階での遊びは特に重要な時期です。特に、精神的・肉体的な成熟の助けにもなります。ネコじゃなしを使った上下運動を意識した遊びを取り入れることにより、運動効率の高い遊びができます。

誤飲を防ぐ

小さい物や、柔らかくて簡単にちぎれてしまう物は、あそんでいるうちにネコが誤って飲み込んでしまう可能性があります。遊び終わったらキチンと片づけることが重要です。出しっぱなしは誤飲の危険が高くなります。飼い主さんが他の事をやりながら、ネコと一緒に遊ぶ「ながら遊び」も要注意です。

同じおもちゃだと飽きてしまうことがあります。猫じゃらしの次は懐中電灯で照らしたり、ネズミのおもちゃで遊んだりとバリエーションを持たすことも、ネコと一緒に遊ぶためのコツですよ。

ネコをイチコロにする撫で方

ネコを撫でる事は、体調管理の基本でもあります。多くのネコは、優しくなでてもらうことが大好きです。ネコのカラダに触れていると飼い主さんも癒されますよね。ネコを撫でる事によって、病気の早期発見につながり、大切なスキンシップの一つにもなります。毛づくろいをするときにネコが届きにくい所が特に喜ぶポイントです。逆にネコが触られると嫌な所は足やしっぽなどです。ですが、ネコによって好みは千差万別なので、気持ちよさそうにしてくれてるか確かめながら撫でてあげてください。

ネコは顔と首回り、背中を優しくなでられるのが大好きです、逆に急所でもあるお腹の辺りは、ほとんどのネコが嫌がるので撫でないようにしましょう。顔やアゴの下はネコの分泌腺が集中しているので、特に撫でられて好きな場所になります。

 

 

撫でるポイント

ネコをゆっくり撫でるときは、大きな音は立てないようにゆっくりとした動きが重要です。手のひらよりも、指の腹を使って優しくなでてあげましょう。毎日触れ合いながら猫のちょっとした変化にも気づいてあげてください

撫でるNGな方法

ネコを撫でる時にありがちなNG方法は、しつこく撫でることです。尻尾を左右に振り始めたら終わりにしてもらいたいサインです。嫌がる前に辞めてあげないと引っ掻かれたり、噛みつかれたりして嫌われます。また、毛づくろい中や、食事中もなでられたくないタイミングです。

ネコを甘え上手にする抱っこの方法

抱っこを嫌いになる前に、ネコに教えてあげることが大切です。基本的にはネコは抱っこが嫌いです。全身を使って抱っこを拒否する猫も多いです。動物全般にしていえる事ですが、抱っこによりカラダが拘束されてしまい、すぐに動くことができないからです。どんなに飼い主さんが大好きなネコでも、抱っこされたらおそらく1分は持ちません。爪の手入れ等で抱っこが必要な場合がありますが、その時は下半身をしっかり支え、お互いのカラダを密着させて抱くのがコツです。体の一部を強く引っ張ったり、ギュッと抱きしめるのは嫌がられます。

ネコ思いな抱っこのやりかた

    1. 抱く前にひと声かける
      たとえ猫から近づいてきたとしても、抱っこして迎え入れるのは ダメです。猫はビックリしてしまうので、抱っこする前にはひと声かけてあげることで、「これから抱かれるんだ」と認識させてあげることが大切です
    2. やさしく持ち上げる
      ネコへの声掛けがおわり、嫌がる様子もないようだったら猫を抱っこしてあげます。ネコの両手のわきの下に手を入れて優しく抱き上げます。片方の手で下半身を支えてあげるように抱っこしてあげましょう
    3. 包み込むように抱く
      飼い主さんと猫の間に隙間があると、不安定で怖がってしまいます。ネコのカラダを包み込むように抱っこしてあげることでネコも安心します。ただし、ギュッと抱きしめるのは、ネコにストレスを与えるので絶対にやってはダメです。

抱っこに慣らすときは、まずは座ってやりましょう。立って行うと嫌がる猫が床へ落ちてしまい、ケガをしてしまうこともあります。

実は肉球触られたくないんです

ネコの足先は敏感な部分で、飼い主の都合で肉球を触られるのはストレスに感じることがあります。ですが、可愛くてプニプニの肉球はネコの最大のチャームポイントです。ですが、肉球はネコの体で唯一汗腺があり、汗をかくことで体温を調節できる機能がある場所です。そのほかに衝撃を吸収したり、足音を消したり、滑り止めになったりと大切な役割があり、とてもデリケートな部分です。

細い脚で体重をささえるためのクッション

体の何倍も高い位置から飛び降りるネコ。この着地を支えるのが肉球です。着地の時に獲物に気づかれないように音を消す機能もあります。衝撃につよいとはいえ、毛も生えていないので繊細な部位なので触りたかったら控えめに。

 

マッサージついでに健康チェック

ネコが肉球を揉むときは、スキンシップをするチャンスです。このタイミングで爪が伸びすぎていないか、ケガはしていないか等のケアチェックもあわせて行いましょう

 

肉球の間から生えている毛は犬の違い、切る必要はありません。ですが、長毛種は床で滑ってしまうこともあるので、動物用のバリカンや、トリマーや動物病院でカットしてもらいましょう。



まとめ

「ネコと暮らしを充実させるために」いかがでしたか。猫ちゃんの気持ちを少しでも分かり合い、猫の嫌がることをしないのが、ネコの喜ぶことの一つですよね。ネコと一緒に生活していくうえで、猫の喜ぶことも知りながらスキンシップを図っていくことが家庭円満の秘訣ですね

 

blog, 猫と暮らすために

Posted by neko