ネコと飼い主のコミュニケーションの取り方

blog, 猫と暮らすために, 猫のこと

ときにはゴロゴロと甘えてきて、ときには呼んでも無視してきて。ネコって本当に不思議だけど、とってもカワイイ動物です。そこで、今回はネコが飼い主さんにしてくるコミュニケーションをご紹介させていただきます。

 

鼻をくっつけあう意味は?

ネコはずば抜けた嗅覚を持つ動物です。その感度は人間の22万倍以上と言われ、さまざまな物は匂いで判別しています。ネコ同士が鼻をくっつけるのも、実は相手の匂いを嗅いで識別するためなのです。ネコは視力が弱く、視覚ではお互いの姿はぼんやりとしか見えていません。なので、匂いを嗅ぎ合うことでお互いを認識しているのです。

また、ネコの口のまわりには臭腺があり、ネコによって異なる匂いが出ているといわれています。ですから、まずはお互いの口のまわりをクンクンと匂いを嗅ぐことが、人間で例えると名刺交換の役割なのです。においを嗅いでいるネコの耳は、たいていピンと立っています。それは興味津々で相手を調べている証拠なのです。

neko
ネコ心「あいさつだよ」

飼い主さんにもごあいさつ

飼い主に対しても、におい交換の挨拶を行います。外出から帰るとしきりに匂いを嗅ぎませんか?また、ネコの顔の前に指を差し出したり、顔を近づけたりしても必ずクンクン匂いを嗅いできます。ネコの鼻に似た突起物をみると、匂いを嗅いでしまうという習性なのです。

neko
ネコ心「どこに行ってきたの?何食べてきたの?」

しつこい「におい交換」

におい交換は、口の周辺で終わるときもあれば、そのまま首やわき腹、最後にはお尻の方までにおいを嗅ぐ場合もあります。初対面のネコ同士は全身の匂いをくまなく嗅ぐことが多くあります。

neko
ネコ心「もっとよく教えてニャ」

同じポーズで寝てるのは偶然?

ネコの寝姿は、気温やリラックス度で変わります。同じ環境で寝ていると、偶然同じ姿勢で寝ていることもあります。でも、シンクロしているのが親子の場合、子猫が親猫を真似している可能性もあります。兄弟猫や、飼い主と同じポーズをとるのもその習性の名残と考えられます。

また、人間は「夫婦は似る」といわれるように、人間同士でも好意を持つ相手の表情や仕草を無意識の内に取り込んでいる場合があります。ネコも同じように、親しい相手とは自然に同調しようとしているのかもしれません。ですが、いずれにせよ、信頼の表れであることは間違いありません。

neko
ネコ心「仲良しの証拠ニャンです♪」

お風呂に入れたら別のネコが威嚇する

仲良しだった猫たちが急にケンカをするのは、多頭飼いのネコによくあることです。その原因は、縄張り意識の芽生えや、ストレス、突発的な事故のトラウマ等、様々な原因がありますが、入浴後に態度が急変する場合は匂いが原因だと考えられます。

ネコは、仲間のにおいを嗅いで覚えるため、いつもとは違う匂いがすると「知らない猫」と認識してしまうのです。それが同じ縄張りを共有している同居猫なら、なおさら敏感に反応します。「変なにおいがするネコが縄張りに来た!」と威嚇してしまうのです。多くの場合、シャンプーのにおいが消える頃には元の関係に戻ります。

neko
ネコ心「いつもとにおいが違うニャ!誰だ!」

肩を抱き合って寝ているのは

相手の肩に足を置いているのだ、だいたい大きい体のネコや力が強いネコの方です。実はこのポーズ、体を押さえ込もうとする無意識の支配欲の表れだといわれています。そもそも、ネコたちは優劣がはっきりしていないと仲良く暮らすことはできません。子猫のころは別ですが、兄弟猫でも大人になれば縄張り意識が芽生え、上下関係ができるものです。そうでなければ絶えずケンカばかりしています。

ただ、寄り添って寝そべっているような状況では、支配欲といっても、決して高圧的な気分ではありません。「僕の大切な子なんだ」という愛情表現でしょう。

neko
ネコ心「大切な存在ニャンです」

野良猫の夜の集会

夜の公園や駐車場に野良猫が集まる「ネコの集会」。繁殖期には交尾の場にもなりますが、普段は何をするのでもなく、適度な距離をとって座っているだけです。

この集会は、ネコたちの顔見せの場だといわれています。とくに都会では、それぞれ自分だけの縄張りを持ちつつも、狩りをする範囲は同じになってしまいます。縄張りが近いネコ同士が顔見知りとなり、連携することで、よそ者が来るのを防ぎ、地域の猫社会の安定を保っているのです。昼間はお互いを無視して暮らしているネコたちも、夜の集会ではほかのネコと情報交換をしあい、ゆるやかな交流をしていると考えられているのです。

neko
ネコ心「あ、どうも初めまして。」「みんな元気かニャ」

前足でモミモミは甘えてるの?

子猫は母乳を飲むとき、前足で母猫のお乳をモミモミします。これは、お乳を揉むことで乳腺を刺激し、母乳の分泌をうながすという本能による行動です。飼い主さんにするモミモミは、この名残りで、抱っこされているときやウトウトしているときに、授乳時の満ち足りた気分を思い出し、ついつい前足が出てしますのです。

通常、子猫は生後6週くらいで離乳します。しかし、飼いネコの多くはその前に母猫と離されるため、いつまでも赤ちゃん気分でモミモミするネコが多いのだと言われています。母猫に十分に育てられ、離乳したネコはあまりモミモミしない子が多いようです。

neko
ネコ心「幸せニャンです」

幼い頃を思い出して

よくモミモミと一緒に見られるのが、チュパチュパと吸うしぐさです。心地いい時や眠いときにすることが多く、飼い主の指や耳たぶなどに吸い付いて子猫の頃を思い出しています。ちなみに、

neko
ネコ心「お母さんを思い出すニャン」

ウールサッキングに注意

人の肌をモミモミしている分には良いのですが、毛布やセーターなどのウール製品を好んで吸っているうちに、ちぎって食べるようになってしまうネコもいます。「ウールサッキング」と呼ばれる行動で、子猫の頃に満たされなかった授乳の衝動が原因のひとつとされています。また、ウールからは授乳中の母猫と似た匂いがするので、ネコが好んで吸ってしまうという説もあります。繊維が腸につまってしまう危険性があるので、布を吸うクセのあるネコの場合は、手の届く範囲に布を置かないなど環境整備をしてあげましょう。

体をスリスリしてくるのは好きの合図?

ネコが頭や体をスリスリ寄せてくるのは、基本的にマーキング行動のひとつです。ネコは、顔のまわりや尻尾、爪、肉球、肛門に臭腺があり、そこから分泌されるにおいをこすりつけることで縄張りを主張します。

ただ、飼いネコの場合は、縄張りの主張というよりも、安心感を得るためにやっているのです。親しいネコ同士がお互いのにおいを付け合うことがありますが、これは違うにおいがすると落ち着かないので同化させようとしての行動なのです。飼い主さんにスリスリするのも、大好きな人のそばで安心して過ごしたいという気持ちのあらわれなのです。

neko
ネコ心「においをつけると安心ニャン」

外出から戻ってもスリスリ

ネコのスリスリする行動は、飼い主さんが外から帰ってきた時もよく見られます。まるで「おかえり~」「さみしかった」と甘えているようにも見えるのですが、残念ながら違います。飼い主さんが外出先でつけてきたにおいを敏感に察知して、自分のにおいをつけ直そうとしているのです。同じ理由で、飼い主さんがお風呂に入ったあとや、洗濯したばかりの服を着たときなどにもスリスリしてきます。

neko
ネコ心「わたしのにおいを付け直さなくちゃいけないニャ」

かまってもらいたいときもスリスリ

飼い主さんに何か要求があるときや、甘えたい気分のときにも、ネコは顔や額をすりすりしてきます。頭をグイグイと押し付けるようなしぐさをするネコもいます。ときには、勢いよくドーンと頭突きしてくることもあります。しっぽを垂直に立てて、頭をスリスリしてくるのは、子猫が母猫に甘える時のしぐさで、飼い主さんに対して子猫モードになって甘えているのです。

neko
ネコ心「かまって!かまって!遊んでくれ~」

突然咬みついてくる

ネコの咬みつく行動には、状況によりさまざまな原因が考えられます。例えば、なでていた手を咬まれた場合は、痛みや危険を感じて攻撃したのかもしれません。本当に何もしていないのに突然咬みついてくる場合は「遊んで」のサインかもしれません。

子猫同士の遊びには、飛びつく、噛むなど狩りに必要な攻撃行動が含まれています。このような行動をしかけ、ネコは遊びに誘っているつもりなのです。ここで叱っても、かえって興奮するだけです。おもちゃなどを使って、遊びで欲求を満たしてあげましょう。

neko
ネコ心「遊びたいよ~」

咬みついた後に舐めてくる

遊びがエスカレートすると、つい咬んでしまうネコもいます。ネコは獲物を獲るとき首筋に咬みついてとどめをさすため、狩猟本能が刺激されると咬みたくなってしまいます。飼い主さんの手を咬んだ後に傷口をなめることがありますが、決して反省しているのではありません。獲物を捕まえた気になっていて「どんな味かな?」と味見をしているのです。

neko
ネコ心「美味しそうだから、ちょっと味見ニャン」

狩猟本能を刺激する遊び方

遊びは、ネコの社会性や運動能力を高めると同時に、狩猟へのエネルギーを発散させてくれます。飼い猫にとっては、毎日の食事と同じくらい大切な行為です。狩猟本能を刺激するような方法で、遊びに対する欲求を十分に満たしてあげましょう。遊び方のポイントは、じゃらし棒などのおもちゃで、ネコの獲物となる小鳥やネズミ、虫の動きを再現することです。ネコは夢中になり、最後には必ず捕まえさせ、獲物をしとめる満足感を与えましょう。

neko
ネコ心「獲ったニャー!」

遊んでいたら抱きついてキックしてきた

遊んでいる時に、突然抱き着いてきたと思ったら、後ろ足でキックを連発してくることがあります。これは、遊び方が気に入らないのではなく、その逆で大興奮して遊んでいる時に出やすい行動です。

前足で相手を固定して、後ろ足でキックをするのは、ネコ同士のケンカや狩りのときに見せる攻撃のひとつです。相手に体を抑え込まれて絶体絶命!というときの、逆転必殺技なのです。飼い主にこの技を仕掛けるときは、ネコはおなかを見せているわけですから、気を許している証拠です。本気の攻撃ではなく、喧嘩ごっこをしているつもりなのです。

neko
ネコ心「本気モード発動中!」

歩いていると急に飛びついてくる

ネコの目線だと、人の足の動きがとても目につくものなのです。あちこちに動く足先を見ているうちに狩猟本能が刺激され、「獲物発見!」とばかりについ飛びついてしまうのです。もちろんネコは、自分より大きい人間を本当に獲物と思っているわけではありません。子猫が親猫のしっぽを獲物に見立てて遊んでいるのです。遊び盛りの若いネコに多いです。

また、いつも決まった場所を通ると飛びつかれるという場合は、縄張り意識からくる攻撃の可能性もあります。「ここに入ってこないで!」という気持ちなのかもしれません。

neko
ネコ心「獲物だ!」

背中に乗ってくるのは何故?

抱っこが好きなネコ、ひざの上に座るのが好きなネコがいるように、飼い主の背中や肩に乗るのが好きなネコもいます。なぜ背中を好むのか、理由はネコによってさまざまです。単純に高い場所が好きで乗ってくる子もいますし、読書中など特定の条件下でのみ乗ってくる場合は、その条件の物事のほうが気になっている可能性もあります。また、抱っこのように体を固定されることがないので、背中や肩にいるほうが安心できるという子もいるかもしれません。

どんな理由にしろ、飼い主に対して愛情があるからこそ、なのは確かです。飼い主とくっついていたい甘えん坊さんに多いようです。

neko
ネコ心「安心できる場所だニャン」

捕まえた虫や鳥を持ってくるのは?

捕まえた虫やネズミ、ときにはまだ生きている鳥などの「おみやげ」を飼い主さんのところへ持ってくるのは、母猫気分の行動です。子猫が離乳する頃になると、母猫はまず獲物を目の前で食べて見せ、次に生きた獲物を捕まえてきて子猫にしとめさせます。こうした教育を母猫に受けたネコは、狩りをしているときに、ふと母猫気分になり「子猫(飼い主)に獲物の食べ方と狩りの仕方を教えてあげよう」と思い立ってしまいます。獲物はありがたく受け取り、あとでこっそりと処分するようにしましょう。

neko
ネコ心「さあ、お食べなさい」

突然目の前で転がるのは何故?

ネコが、わざわざ飼い主さんの目の前にやってきて、ゴロンとおなかを見せることがあります。このとき、前足をチョイチョイと「おいでおいで」をするように動かしたり、さわろうとするとじゃれて軽く咬みついてきたりすることもあります。実はこれは、子猫が他のネコを遊びに誘う時と同じ行動なのです。目の前で、このサインをしてくるということは、飼い主さんに遊んでもらいたいというサインです。

ネコ同士の場合、どちらかがこのポーズをとったあとは、必ずじゃれあいや追いかけっこが始まります。ネコの期待にこたえて、ネコが体を十分に動かせる遊びをしてあげましょう。

neko
ネコ心「遊んでくださいニャ!」

何かをしていると邪魔をしてくるとき

新聞や雑誌を読んでいたり、パソコンで仕事をしていると、その上にゴロンと横になってくるネコ。「なんで邪魔するの・」と言いたくなりますが、ネコには「邪魔してやろう」という意地悪な思考は全くありません。新聞のガサガサという音につられてきたら、飼い主さんが動かずにじっとしているので「どうしました?」と不安になり、「私はここにいるよ」とアピールしているのです。

neko
ネコ心「どうかされました?私はここにいますよ」

撫でてるとゴロンとするとき

ネコは撫でてもらうのは、母親のグルーミングと通じているものがあるので、基本的に撫でられるのは好きです。でも、頭や背中を撫でている時、ネコがゴロンと転がっておなかを見せてきたら、「もう結構ですので」という拒否の合図です。あまりしつこいとスキンシップ嫌いになることもあります。不機嫌になったサインを見落とさず、早めに切り上げましょう。

neko
ネコ心「もうやめてくださいね」

なでられたあとに毛づくろいするのは?

ネコの毛づくろいには、被毛を清潔に保つという目的以外にも、体についた外部のにおいを消したり、暑い時には被毛を湿らせて気化熱で体温を下げたりする役割があります。つまりネコは、毛づくろいをすることで、つねに自分がベストコンディションでいられるように調整しているのです。

なでられたあとに毛づくろいをするのは、乱れた毛並みを整えたり、被毛についた飼い主さんのにおいを自分のにおいに重ねて体をいつものリラックスできる状態に戻しているのです。人間がマッサージのあとに身だしなみを整えるようなものです。決して触られるのが嫌だったわけではありません。

neko
ネコ心「いつも通りに整えなくちゃ」

ブラッシングをしてあげると舐めてくる

体をなでたあとや、ブラッシングをしたあとに、ネコが飼い主さんを舐め返すことがあります。この行動は、ネコが飼い主さんを仲間のように思っている証です。ネコたちの間では、親猫が子猫を舐めたり、子猫同士がお互いの体を舐め合ったりと、親しい相手に限り毛づくろいをしあう習性があります。

つまり、毛づくろいはネコの愛情表現なのです。ネコはブラッシングをしてくれた飼い主さんの愛情をしっかり受け取り、飼い主さんにも返そうとしているのです。ただ、ネコが夢うつつの場合、自分で毛づくろいをしている気になり、目の前のものをたまたま舐めただけという可能性もあります。

neko
ネコ心「お礼になめてあげるね」

 

blog, 猫と暮らすために, 猫のこと

Posted by neko