スプレーが嫌!オス猫の去勢手術のすすめ

blog, 猫と暮らすために, 猫のこと

生後間もない頃から我が家に来た2匹のオス猫のプーりんと、クロりん。小さくてかわいくて懐かしくて、早朝から深夜までのミルクくれくれ攻撃にも耐えてきました。ところが生後9ヵ月の12月中旬、彼らはあちこちにオシッコをするようになったのです。。。

問題行動が減る猫の去勢手術

オス猫は、ある時期がくると、俗にいう「さかり」がきます。彼らには生後9か月でやってまいりました。本当に急に、突然で驚きました。

オス猫は尿スプレーや縄張り争いは、去勢によって減らすことができます。生後半年以上で2.5kg増えていれば去勢可能です。家のかかりつけの動物病院では生後半年以内を推奨しています。費用は、1匹1万円(税抜き)~3万円の間が目安です。オス猫は、メス猫と違い特段疾患が無い猫だったら日帰りで帰ってきます。朝食抜きで11時頃までに病院に連れて行き、夕方6時頃(麻酔が覚める頃)のお迎えが一般的だと思います。

家の子は、急にスプレーが始まりました。本当にノイローゼになりました。そもそもが保護ネコだったので、保護したときに検査に連れて行った動物病院に相談させてもらいました。はじめの内は、「2ヵ月先まで予約がいっぱい」と言われたのですが、今日「2匹だったら大丈夫だから、連れてこれますか?」と言われ。即答で「連れて行きます」と。

やっとあちこちに粗相してしまう事から解放される喜びが来ましたが、その直後不安が襲ってきました。

保護してから外に出したことなかったんです。。

赤ちゃんだったもので、外を教えずに育てようと決心していたのです。が、初めてのお出かけでした。

もちろんキャリーバッグも無く、友達に連絡してキャリーバッグ借りて、動物病院に連れて行きました。道中は「ニャー!ニャー!(どこ連れて行くの?)」と騒ぎ。

無事に診察を終えて預けました。自宅に戻ってから不安。心配。大丈夫かな?かわいそうなことしちゃったかな?もう、不安。

急な相談で、朝ご飯も食べちゃったし、無事に帰還できるのかと、時間前に迎えに行ってからかなり待たされました。←当たり前ですね(笑)

対面したときは、まだ麻酔から覚めてなくてぐったりしている彼等を見たときは、心からごめんねと謝りたい気持ちになりました。

術後3日くらいは、まだマーキング行動してました。

でも、その後はちゃんとトイレで用を足すようになりました。もう、粗相をすることに悩まされたり、変な鳴き声で鳴くこともなくなりました。

その代り、とても大食漢。これが太る原因なんだと実感しました。

それでも、彼らもストレスは無くなり、長生きできて、飼い主にとっても粗相をされないといいことずくし♪

家のかかりつけの動物病院は、保護ネコの去勢や避妊の手術の場合は5,000円でやってくれるところで、家は保護してから半年以上経ってたので通常の費用でしたが、1万円でしたし。

猫のためでもあるし、これは絶対に手術した方がいいです。

とても心配になるけど、少しだけ離れていた分、更に愛情が増します!

blog, 猫と暮らすために, 猫のこと

Posted by neko