ネコの歯と歯茎の病気に効果のあるツボ

blog, ネコの指圧, 猫のこと

ネコの歯は、鋭いキバや、カワイイ歯がたくさん並んでいる綺麗なピンク色のイメージがあります。ですが、ネコは人間のように、歯や歯茎の調子が悪いからと言って、ネコの歯医者はありません。ネコも飼い主さんのように食べる事で、体に栄養を蓄え長生きする秘訣になります。そこで、今回は、ネコの健康維持と増進のための歯と歯茎に効果のあるツボをご紹介させていただきます。

口臭があるときは要注意

猫の息の臭いを嗅いでみましょう。もし、口臭があるようなら、歯肉炎にかかっている可能性があります。歯肉炎は、たまった歯石が原因で起こることがおおいです。歯石は歯垢がたまってできるものですから、歯磨きはまめにしてあげたいものです。市販の歯ブラシで嫌がる場合は、指にガーゼを巻いたり、あるいは素手でこするだけでも大丈夫です。毎日やることが一番いいのですが、月に1回でもやらないよりまマシです。気が付いたときに、歯を磨いてあげるようにしましょう。

虫歯より歯周病に注意

私たち、人間の口の中は酸性になっています。このために葉の表面はエナメル質が溶けて虫歯になりやすいのです。それに対してネコの口の中はアルカリ性です。歯は溶けにくく虫歯は少ないのですが、歯垢が歯石になりやすいです。それが原因となり、歯周病にかかりやすくなってしまいます。

歯や歯茎の病気で万が一のこともある

ネコが食べたものと一緒に、歯や歯茎に付いた口の中にある雑菌を大量に飲み込んでしまうことがあります。そうすると、腎臓や心臓の細い血管に溜まってしまい化膿して炎症を起こす可能性もあります。最悪の場合は、それが原因で死んでしまうこともあります。

口臭があり歯茎が赤い

高い熱を出したり、または体内温度を調整する機能が衰えてしまうことで、口の中が熱っぽく、歯茎が腫れてしまい口臭が発生することがあります。

脾兪(ひゆ)

最後ろっ骨から前に数えて2番目と3番目のろっ骨の間にあるツボです。左右に1点ずつあります。親指で刺激してあげましょう。

口内炎

元気なネコでも、体の弱いネコでもなる可能性がある病気です。ツボの刺激で口の中にこもってしまった熱を下げてあげましょう。

大椎(だいつい)

肩甲骨と肩甲骨の間にあるくぼみよりも、1~2㎝ほど前にあるのが大椎のツボです。親指で指圧してもいいですし、親指と人差し指でピックアップしても大丈夫です。

まとめ

ネコの歯と歯茎の健康は、飼い主さんが毎日を習慣に歯磨きをしてあげることが理想てきです。ですが忙しく毎日お手入れをしてあげられない内に、ネコは歯や歯茎の病気にかかってしまうかもしれません。少しでも、ネコの具合の悪い症状を改善するために、ツボ押しマッサージをしてみてはいかがでしょうか

blog, ネコの指圧, 猫のこと

Posted by neko