ネコの耳に効果のあるツボ

blog, ネコの指圧, 猫のこと

ネコの耳の病気は、意外にも多い物です。ですが、人間と違い、ネコの耳は中の方までしっかりと観察できるので、少しでも異常があると気が付きやすいです。ですが、いざネコの耳に異常がみられる場合どうしていいのかわかりません。聞こえなくなっちゃったのか?と心配してしまいます。そこで、今回は日頃のマッサージに取り入れてもらいたい、ネコの耳に効果のあるツボをご紹介させていただきます。

ネコに多い耳の病気

飼い主さんである人間よりも、長い耳を持つネコたちは、空気や湿気を耳の中にたくさん取り入れてしまいます。それで耳あかが溜まってしまったり、炎症を起こしやすくなります。耳の病気が多いのも、それが原因となります。よくあるのは、耳の聞こえが悪くなってしまったり、赤くなって乾いて炎症をおこしている耳です。また、水っぽく臭いがあり、じとじととした耳あかも問題があります。

あらゆる器官に通じている耳

いろいろな経路の道筋が通り、あらゆる器官に通じているネコの耳。とくに、腎臓にはもっとも深いかかわりがあるとされています。腎臓の水分の働きで、耳もうるおってよく聞こえるようになります。逆に腎臓の機能が衰えていると、耳の水分を作り出すことができなくなり、耳も聞こえにくくなります。

外耳炎に効果のあるツボ

一度患ってしまったら、とにかくしつこい病気です、ネコが耳をひっかりたり、しょっちゅう振っていたり、さらに耳が腫れたり、耳だれが出ているようなら外耳炎の可能性があります。予防するには、とにかく耳を清潔にすることです。

大椎(だいつい)

肩甲骨と肩甲骨の間にあるくぼみよりも、1~2㎝ほど前にあるのが大椎のツボです。親指で指圧してもいいですし、親指と人差し指でピックアップしても効果があります

耳が赤くなり乾く

水分をつくる器官である腎臓、肝臓、脾臓の働きが弱まると、ネコの耳のまわりや耳道の中が赤くなり、乾くことがあります。血液を増やして血行をよくするツボで解消しましょう。

腎兪(じんゆ)

背骨の両側で、第2腰椎と第3腰椎の間にあるツボです。左右に各1点ずつあります。最後のろっ骨の背中部分をゼロとして指を後ろへずらし、第2、第3腰椎の間の、背骨の両側を指圧してあげます。

耳あかがたくさん出る

耳あかには色々なタイプがあります。表面だけ乾いていて、ベタベタする耳あかは、肝臓が熱を持って、体全体の水分のバランスが崩れているのが原因です。においはそれほどなく、僅かに不快なにおいがする程度です。普通は耳に触れられるのを嫌がりますが、一度さわられると、耳あかをとるためにこすってもらうのを喜ぶようになります。

肺兪(はいゆ)

後ろから数えて、第9肋間の両側のくぼみにあるツボです。ピックアップしても指圧しても、どちらでも大丈夫です。

耳だれが出る

ネコが常に湿った耳をしていたら、水分が多すぎるか、または熱のバランスが崩れたことが原因です。そのような場合のネコは、耳を触られるのを嫌がります。飼い主さんが触れたとしても、イライラして不愉快そうにします。体のバランスを正して、耳のじとじとを乾かしてくれるツボを刺激してあげましょう。

翳風(えいふう)

耳の真下にあるツボです。親指で指圧してもいいですし、耳のつけ根周辺の全体を揉むようにマッサージしてあげてもいいでしょう。

 

blog, ネコの指圧, 猫のこと

Posted by neko