猫の食事について

猫のこと, 猫の食事について

飼い主さんがご飯を食べている時に、猫ちゃんが「ちょうだい♪」ってくることありませんか?家の猫ちゃん達はめちゃくちゃ来ます。引っ掻いてまで「よこせ!」とやってきます。
そこで疑問があります。猫って人間の食べているものって食べて良いの?悪いの?
そこで、今回は猫ちゃんが食べて良いものと悪いもの、猫ちゃんの食についてご紹介させていただきます。

猫は猫舌です!熱いものには注意して

人間だったら、熱々の出来立てで湯気が立っているものが「美味しそう~」と思います。ですが猫ちゃんにとって熱々の物は舌を火傷してしまう可能性もあります。猫ちゃん達に温かい物をあげるときは40度程の温度を目安に、飼い主さんの手の甲で温度を確認してあげましょう。子猫ちゃんにミルクを与えるときも「ちょっと熱めかな?」と思うのが40度の目安です。熱くて嫌がる場合は、すこし冷ましてあげましょう。

コーヒーや紅茶を飲んじゃった!

カフェインを猫に与えてはいけないといいますが、飼い主さんが飲みかけのコーヒーや紅茶をペロペロと飲んでしまったことはありませんか?飼い主からすると「ハッ!」としてしまいます。もし万が一飲んでしまっても、体重4㎏の猫ちゃんはコーヒーを12杯以上飲まなければ命にかかわる程のカフェイン摂取にはなりません。ただし、少しだから大丈夫と毎日飲ませるのは絶対にダメです。

循環式給水器っていいの?

様々なメーカーから出ているペット用の循環式給水器ですが、レジオネラ菌というばい菌が増殖する可能性があります。こまめにメンテナンスを怠らないように注意したいです。ですが、日本の水道水は世界一安全と言われています。猫ちゃん達が好きなのは水の種類よりも温度です。水の温度は25度前後が最適と言われています。寒い日は人間も温かい物を飲みたくなります。夏は冷たい物を飲みたく。それぞれ猫ちゃんが飲みやすい水の温度にしてあげるという愛情表現ができますね。

猫の食器はどれが一番いいの?

猫ちゃんの食器はヒゲの当たらない大きさや、床から10㎝の高さが良いと聞きます。ですが、一番大切なことは猫ちゃんの食器を清潔に保つ事です。ドライフードだからと、朝ご飯をあげた食器にそのままご飯を入れてしまうとばい菌の繁殖するきっかけになってしまいます。一番いい食器は、飼い主さんが手入れをしやすい食器です。もう一つ言えるのは、食事中に食器が動かない重いものがいいでしょう。滑り止めなどにシリコンマットなどを敷いてあげると👍よほど体に病気がない限りは床から高い位置に置く必要もありません。一番大事なのは清潔にすることです。

お肉とお魚どっちがいいの?

お肉しか食べない猫ちゃんはタウリンが不足してしまいます。魚には多くタウリンが含まれていますが、魚には不飽和脂肪酸が含まれ、この不飽和脂肪酸が酸化するとビタミンEを壊してしまいます。この不飽和脂肪酸はサバ・アジ・マグロに多く含まれているので注意が必要です。一番はお肉もお魚もバランス良く食べさせてあげる事と鮮度が良い物をあげるのがいいでしょう。

プレミアムフードは高い

プレミアムフードは高いから、安いエサをあげている人も多いと思います。ですが、高いプレミアムフードは色々な栄養が入っているからではなく、余計な物が入っていないから高いのです。猫は人間と一緒で塩分が大敵です。塩分を取りすぎると様々な疾患が出てしまいます。プレミアムフードは、猫ちゃんの食事で大切な高タンパクを取りつつ、脂肪や炭水化物のバランスも計算されているので、猫ちゃんのご飯は何がいいかお悩みの方はプレミアムフードにした方がいいでしょう。

 

 

猫のこと, 猫の食事について

Posted by neko