ネコの腰痛に効果のあるツボ

blog, ネコの指圧, 猫のこと

飼い主さんもあると思いますが、ネコにも腰痛があります。腰が痛いと、動くのも大変ですし、何をやっても痛みが取れない場合もあります。ネコにも腰痛に効果のあるツボを指圧してあげて、腰の痛みを緩和させる方法をご紹介させていただきます。

腰の形成異常の見つけ方

腰の形成異常は老猫、遺伝的要因、疲労、寒湿などが原因で起こることがほとんどです。症状は、ぎくしゃく動いたり、急にジャンプしたからなくなったり、下半身にふれると怒ったりすることでわかります。関節は物理的に全部つながっているので、腰に異常があると、背中の下のほうや膝にも問題が起きることがあります。腰痛を治すには、血液の停滞を解消させて、余分な水分をのぞき、痛みを和らげてあげることです。ひどい痛みがある場合は別ですが、適度な運動をさせることはいいでしょう。

前足の膝が痛む

腰にでた障害をかばって歩いたり、動いたりすることによって、関節でつながれている前足が痛むこともあります。ツボ刺激で痛みをやわらげることができます。

外関(がいかん)・内関(ないかん)

前足首の関節の外側にあるくぼみが外関のツボです。その内側にあるのが内関のツボです。親指と人差し指で両方のツボにあて、挟み込むようにして刺激してあげましょう。

前三里(ぜんさんり)

肘から前へ指をずらしていくと、2本の骨につきあたりますが、このつきあたる部分が前三里のツボです。肘を下から支えるようにして、つまんで刺激してあげましょう。

腰、膝、かかとが痛む

患部であるコシの痛みの他に、関節でつながれている膝やかかとにも痛みを伴うことがあります。痛みや腫れに効くツボで軽減してあげましょう。

環跳(かんちょう)

お尻の後ろのくぼみの中で、大腿骨の頭が骨盤につながる部分が環跳のツボです。左右に各1点ずつあります。両側をはさむように押しましょう。

膝上(しつじょう)・膝凹(しつおう)・膝下(しっか)

3つとも、後ろ足の膝関節のお皿周辺にあるツボです。それぞれ左右に各1点ずつあります。親指と人差し指、中指の3本の指でもむようにして、全てのツボを刺激してあげましょう。

肩が痛むとき

痛む腰をかばって動くことで、肩にも負担がかかり、痛むことがあります。これもツボ刺激で痛みをやわらげることができます。

陶道(とうどう)

上腕部の痛みを押さえるツボの大椎から、指でなぞって1胸椎後ろのくぼみが陶道のツボです。親指で指圧してもいいですし、親指と人差し指でピックアップしてもいいです。

肩井(けんせい)

肩甲骨と上腕骨の間の関節より、手前にあるのが肩井のツボです。二の腕あたりを持って動かせば関節のあたりがわかります。親指で指圧してあげましょう。

肩外ぐう(けんがいぐう)

肩甲骨と上腕骨の間の関節より後ろにあるのが肩外ぐうのツボです。腕の後ろからつまみ込むように指圧してあげましょう。

 

blog, ネコの指圧, 猫のこと

Posted by neko