葬儀でかかる費用の目安

葬儀準備に関係すること

大切な人が亡くなってから、慌ただしく葬儀の準備をしなくてはなりませんが、一番に考える事は葬儀の費用はいくらかかるのか?ということではないでしょうか。葬儀に関しては、葬儀業者により基本的な価格はあまり変わりませんが、オプションと呼ばれる部分の価格で大きく変わってきてしまいます。葬儀の規模や祭壇のプランによっても費用に大きな差が出てきます。そこで、今回は葬儀でかかる費用の目安をご紹介させていただきます。

葬儀業者のセットプランの例

 

内訳/種類 白木祭壇のセット フラワー祭壇のセット
祭壇価格(1.82m) 600,000円 230,000円
御棺 200,000円 200,000円
ドライアイス 8,000円 8,000円
白木位牌 5,000円 5,000円
遺影写真 25,000円 25,000円
会葬礼状 12,000円 12,000円
写真花額 25,000円 25,000円
祭壇アレンジ花 60,000円
打菓子・菊糖 6,000円 6,000円
祭壇供物 12,000円 12,000円
枕飾り 12,000円 12,000円
後飾り 20,000円 20,000円
消耗品 20,000円
家紋入幕 20,000円
式場看板 30,000円 30,000円
案内看板 25,000円 25,000円
高張提灯 30,000円 30,000円
庭飾り・看板下花等 50,000円
受付用品 20,000円 20,000円
司会進行 30,000円
化粧納棺/湯潅
火葬場案内・諸手続き 10,000円 10,000円
室内装飾 30,000円
運営管理費 50,000円 50,000円
合計金額(税別) 1,300,000円 740,000円
白木祭壇(桔梗1号)は、一般的な斎場における伝統的な葬儀のセットです。フラワー祭壇(エルフィー2号)は、自宅や小規模式場向きのセットです。 葬儀社から提示される葬儀費用一式に含まれない費用には、自動車送迎(寝台車・霊柩車・マイクロバス・ハイヤー等)、火葬費用、斎場利用、接待、お布施、心付け、香典返し等があります。

 

臨終から遺体安置までにかかる費用

 

死亡診断書 1通 1,000~5,000円
遺体搬送費用(10kmまで) 10,000~15,000円
寝台車運転手心付け 4,000~5,000円
湯潅(自宅で行う場合) 80,000~150,000円
ドライアイス(10kg) 8,000~10,000円
遺体の搬送は、死亡診断書を携帯していれば、ワゴン車を使用して身内で行うこともできます。病院等で紹介された葬儀業者に遺体の搬送だけを頼む場合は、遺体搬送のみの依頼であるということを明確に伝えておきます。

 

 

宗教者へのお車代と枕飾りの費用

 

  • 渡すタイミングは宗教者に出向いてもらったときです
お車代 実費の1.5~2倍の金額
地域によっては送迎の車を出した場合でも現金を包むことがあります。
枕飾りのセット料金 10,000~20,000円
葬儀一式の費用に含まれていることが多いです。枕飯と枕団子は喪家で用意します。枕団子は菓子店に注文する場合や、葬儀業者に注文することもできます。

 

葬儀にかかる費用と会場の使用料

 

各項目の平均費用 葬儀費用総額(全国平均) 236万6,000円
葬儀一式 150万4,000円
斎場(式場)使用料・火葬料金・葬具一式・車両関係費・心付け・供花、供物等が含まれています
飲食接待 38万6,000円
返礼品関係(香典返しを除く)・通夜ぶるまい・精進落とし・通夜精進の飲料・火葬場での飲食などが含まれてます
宗教者へのお礼 48万6,000円
香典返し 91万円

 

会場の使用料 種類 費用 時間の制限
民営の斎場 10~30万円 16:30~翌15:00
寺院の貸し式場 25~50万円 同上
地域自治体の集会所など 1~15万円 管理自治体による

 

会葬礼状・返礼品の費用

 

会葬礼状(100枚) 1~2万5,000円
返礼品 金額(一人当たり) 1,000~1,500円
品物 煎茶の真空パック、ハンカチセット、酒(1合)のセット等
会葬礼状と返礼品は、葬儀当日の受付で引換券を渡し、葬儀終了後に清めの塩と一緒に手渡すものです

 

宗教者へのお礼と関係者への心付け

宗教者へのお礼を渡すタイミング

  • 仏式は通夜終了後
  • 神式・キリスト教式は葬儀終了後
宗教者へのお礼 仏式 戒名の位 俗名 15~25万円
信士・信女 20~40万円
居士・大姉 40~60万円
院居士・院大姉 100~135万円
神式 5~30万円
キリスト教式 10~40万円
僧侶や神官が1名増えるごとに10万円程加算されます。お礼については明示しているところもありますが、不明な場合は世話役等に直接尋ねてもらうといいでしょう

 

関係者への渡すタイミングは適宜です

関係者への心付け 寝台車運転手 3,000~10,000円
霊柩車運転手 3,000~5,000円
ハイヤー運転手 2,000~5,000円
マイクロバス運転手 3,000~5,000円
火葬場職員 5,000~12,000円
火葬場休憩室職員 2,000~5,000円
火葬場管理事務所 3,000~5,000円
配膳スタッフ 2,000~3,000円
寝台車運転手は搬送距離によって、霊柩車運転手には霊柩車のランクによって差額がでます。心付けの相場は地域によって違うので、世話役等に確かめてもらいましょう。葬儀業者スタッフへの心付けは任意の場合も多いですが、必要なしと明記している場所もあります。

 

喪服の価格

喪服の値段にはかなり幅があります。1着は用意しといた方がいいでしょう。また、手持ちの黒いスーツ等でも大丈夫です。

形式/性別 男性用 女性用
和装 50万円~ 10万円~
洋装 5~30万円 3~20万円

 

通夜ぶるまいの費用

 

通夜ぶるまい 料理(一人当たり) 2,000~5,000円
50人分で12万~13万円が相場です。飲み物代は含まれていません。準備の目安は会葬者の5~7割分+世話役の数となります。追加できない料理なので、一般的には少し残る程度に注文することが多いです。正式には精進料理を用意しますが、昨今ではこだわらず、料理を豪華にするプランが好まれています。
配膳スタッフの派遣(一人当たり) 10,000~12,000円
料理の配膳や盛り直し等を行うスタッフで、料理代金に含まれていることが多いです。
通夜ぶるまいを設けない場合 日本酒1合などと一緒に折詰弁当を渡します。
御膳料 10,000円
僧侶、斉主が通夜ぶるまいを辞退したときに包みます
お車代 5,000~10,000円
宗教者に渡すものです。送迎の車を手配した場合でも包むことがおおくなっています。葬儀の際もどうようです。

 

火葬と精進火落としの費用

 

火葬 火葬料金 民間施設 5~20万円
公営施設 1~5万円
待合室使用料 5,000~20,000円
4~20万円
収骨容器 1~5万円
民間の火葬施設の料金には待合室の使用料が含まれます。飲食代は別途必要です。公営の火葬施設では、収骨容器を無料提供するところもあります。
精進落とし 料理(一人当たり) 4,000~7,000円
配膳スタッフの手配(一人当たり) 10,000~15,000円
通夜ぶるまいより、やや高めの料理を手配します。飲み物代を含む

関係者へのお礼と香典返し

関係者へのお礼を渡す時期

  • 世話役には葬儀の翌日
  • その他には初七日まで

 

お礼 世話役 5,000~10,000円
その他 3,000~5,000円
世話役が目上の場合はお礼品にするか、形見分けをしてもいいです。隣近所や町会、仕事関係の人などへは商品券等がいいでしょう

香典返しを送る時期

  • 四十九日の法要のあと
香典返し 金額 香典の半額程度が一般的
品物 個人には高級茶、ブランドタオル等
団体名義の香典には菓子類やビール券等

まとめ

「葬儀でかかる費用の目安」いかがでしたか。急な葬儀で、費用がどのくらい掛かるのか心配される方もいらっしゃると思います。慌てないために、おおよそのかかる費用をご参考にしてみてください。

葬儀準備に関係すること

Posted by neko