さんまで6品 スピードクッキングレシピ

blog, 裏技レシピ

さんまは、冷凍のサンマだと一年中出回っています。1匹100円程で販売されることもあり、魚料理を食べさせたい母親にとっては大助かりの魚です。でも、サンマの塩焼きばかりでマンネリ化しやすい一つです。そこで今回は時短で作れちゃうサンマのレシピを6品ご紹介させていただきます。

サンマの下処理のポイント

内臓の処理

お尻から頭に向けて切ると、包丁が入れやすく内臓を傷つけにくいので綺麗に取れます。

腹骨の取り方

包丁の刃先を上にして身と骨の境目を切断してきます(逆さ包丁)。こうすることで、身を一緒に切ってしまう事が少なくなり、骨を取り除くことができます。

皮のはぎ方

魚の皮と身の間に包丁の背をあて、まな板にこすりつけるようにすると、皮をきれいに剥ぐことができます。青魚全般に使える技です

和風とイタリアンのタレ作り

イタリアンオイル
 
・オリーブオイル  240ml
・にんにく     1片
・鷹の爪      1本

作り方

  1. 小鍋に材料を入れ、温めます。オイルに香を移すイメージで。
和風ダレ
 
・しょうゆ     200ml
・みりん      200ml
・砂糖       大さじ4

作り方

  1. 小鍋に材料を入れ、ひと煮立ちさせる。焼き鳥のタレなどにも使える万能和食ダレです

サンマのアヒージョ

材料(1人前)
 
・さんま      1/2尾
・ブロッコリー   小房4~5個
・マッシュルーム  2個
・しめじ      1/4パック
・イタリアンオイル 150ml(別途レシピ参照)
・塩        少々

作り方

  1. 三枚におろしたさんまを5~6等分に切る。マッシュルームは薄切りにし、ブロッコリーとしめじは小房に分ける。
  2. ①をスキレットや耐熱皿(オーブン調理できるもの)に入れ、温めておいたイタリアンオイルと塩を加える
  3. オーブントースターで4~5分加熱する。
neko
オーブントースターは上下から加熱できるので、まんべんなく火が通る

さんまの塩焼き ジェノバソース風

材料(1人前)
 
・さんま       1尾
・塩         少々
<ジェノバソース>
・にんにく      1片(イタリアンオイルで使ったもの)
・ブロッコリー    2房(さんまのアヒージョで調理済みのもの)
・生のバジル     3~4枚
・イタリアンオイル  大さじ3
・レモン汁      大さじ1/2
・塩         少々

作り方

  1. さんまを半分に切り、切れ目を入れて30㎝程の高さから塩を振る
  2. フライパンにクッキングシートを敷き、火にかけ①を焼く。
  3. 1品目のアヒージョのブロッコリーと、イタリアンオイルのにんにく、さらにバジルを包丁で叩いて細かくする
  4. ③にイタリアンオイルとレモン汁を入れ、塩で味を調える
neko
切れ目を入れることで早く火が通る。高い位置から塩を振るとまんべんなく塩がかけられます。フライパンにクッキングシートを敷いて焼くことで、皮がグリルで焼くよりもくっつきにくく、片付けも楽になります

サンマの甘露煮

材料(1人前)
 
・さんま      1/2尾
・粉山椒      大さじ1/2
・長ネギ      1/4本
・和風ダレ     100ml
・酒        大さじ1
・水        大さじ3

作り方

  1. 三枚におろしたさんまを4~5等分に切る
  2. 鍋に和風ダレと酒、水を入れ煮立たせる。
    ①を入れて煮汁が1/3の量になるまで中火で煮る
  3. ②に粉山椒をまぶして器に盛り、長ネギを白髪ねぎにして乗せる。
neko
たれを煮立てることでさんまを煮る時間が短くなり、ふっくらと仕上がります。最後に粉山椒を入れることでさんまの臭みを消してくれる効果があります

さんまの焼肉風炒め

材料(1人前)
 
・さんま      1/2尾
・長ネギ      2/3本
・片栗粉      大さじ1
・サラダ油     大さじ1/2
・和風ダレ     50ml
・にんにく     小さじ1/2
・豆板醬      小さじ1
・ごま油      小さじ1
・白ごま      小さじ1

作り方

  1. さんま半身を5等分に切り、片栗粉をまぶす
  2. フライパンにサラダ油を熱し、①を焼く
  3. ②に斜めに切った長ネギをいれて炒め、さらに和風ダレ、にんにく、豆板醬、ごま油、白ごまを加え、炒め合わせる
neko
にんにくはチューブを使えば時間短縮になります。和風ダレを使う時短レシピです

さんま南蛮 らっきょうタルタルを添えて

材料(1人前)
 
・さんま      1/2尾
・小麦粉      適量
・卵        1個
・サラダ油     適量
<南蛮酢>
・和風ダレ     大さじ2
・酢        大さじ1
・鷹の爪      1本
<タルタルソース>
・卵        1個
・生クリーム    大さじ1/2
・マヨネーズ    大さじ3
・らっきょう    2~3個
・レモン汁     小さじ2

作り方

  1. 三枚におろしたさんまを4~5等分に切り、小麦粉をまぶし、溶き卵をつける
  2. フライパンにサラダ油を熱し、①を揚げ焼きにする
  3. 和風ダレに、酢と鷹の爪を入れた南蛮酢に、焼きあがった②を入れ、味をしみこませる。
  4. 卵を耐熱皿に入れ軽く混ぜ、600Wの電子レンジで1分間加熱する。
  5. ④をフォークで崩し、らっきょうのみじん切り、マヨネーズ、生クリーム、乾燥パセリを適量入れ、レモン汁を加えてよく混ぜあわせ、③に添える
neko
卵を溶きほぐして電子レンジで加熱することによって、よりはやくゆで卵を作ることができます。ピクルスの代わりにらっきょうを使うことで食感がupします。

さんまのかば焼き丼 ひつまぶし風

材料(1人前)
 
・ごはん      1人分
・さんま      1尾
・和風ダレ     50ml
・サラダ油     大さじ1
・かつおだしの素  小さじ1/2
・水        200ml
・塩        ひとつまみ
・大葉       2~3枚
・白ごま      適量

作り方

  1. 三枚におろしたさんまを2等分に切り、小麦粉をまぶす
  2. フライパンにサラダ油を熱し、①を焼き、和風ダレをからめる
  3. ご飯に②と、細切りにした大葉、白ごまをのせる
  4. 水に塩とかつおだしの素を入れ、600Wの電子レンジで2分加熱し、だしを作り、③に添える
neko
海の魚は皮目から焼くのがポイント

参考

得するごはん 得損ヒーローズ「時間・お金・基本の得ワザ」大全集 [ 「得する人 損する人」 ]

 

blog, 裏技レシピ

Posted by neko