ネコのトイレって何がいいの?おすすめの猫トイレ7選

2019年2月20日

いつもご覧いただきありがとうございます😀管理人のnekoです。

ネコちゃんの中にも、トイレ形や、砂の種類などの好みがあると思います。小さな子猫の時から、ずっと同じ物を使っているはずなのに、急に服や布団でおしっこをされてしまったりと家族を悩ますネコちゃんも多いと思います。そこで今回、家族の一員のネコのトイレって何がいいの?おすすめの猫トイレを7種類、私の経験も含め紹介させていただきます。

どのタイプのネコトイレを選べばいいのか

最近では、ネコのトイレと言っても様々な種類がありますね。普通のタイプから、システムトイレ、フード付きや、ネコの足の裏に付いた猫砂を落とすタイプのものまで。中には犬のトイレと兼用しているなんて強者もいらっしゃいます。ネコを新しく家族に迎え入れたり、また古いトイレを買い替えようと検討している方もいると思います。タイプ別のネコトイレをご紹介させていただきます。

自動お掃除型 猫トイレ

 ユーチューバーのトミックさんも、愛ネコのルトとロゼに使っている猫トイレですね。

サイトの情報によると以下のように書かれていました。

 猫がドーム内部に入るとキャットセンサーが重量を感知します。猫がドームから出るとカウントダウンを開始し、処理サイクルが始まります。 カウントは3分・7分・15分の3つから選択が出来ます。 ドーム部分が回転している時、コントロールパネルはオレンジ色のランプが点灯します。 ドーム内部の清掃網が綺麗な砂を残して、固まった排泄物だけをコンテナに捨ててくれます。使用できるネコは3匹まで、1匹あたりの体重は2.3kg以上 一台で最大3匹までご使用できます。猫砂は基本的に少なくなった分だけ補充していただきますが、一ヶ月に一回を目安に、全ての砂を入れ替えていただくと清潔にご利用いただけます。 猫砂の適量は4リットル(およそ5kg程度)です

商品の口コミを見ても、外出が多くネコちゃんだけでのお留守番の時に重宝している方が多いようです。気になる音も、割と静かなようで長年愛用する方もいるみたいです。猫の砂は鉱物系の砂がお試しでついてくるようなので、到着してからすぐに使えますね😆私も、是非使ってみたい猫トイレのひとつです。


【Amazon.co.jp限定】キャットロボット オープンエアー (Cat Robot Open Air) + セリームバイオサンド グリーン セット リッターロボット 3 日本正規販売店 保証書付き(1年) 日本語説明書付き 自動 ネコトイレ 大きめ 大型 本体 全自動 猫トイレ 自動 清潔 旅行



フード無しのシステムトイレ


このフード無しタイプのシステムトイレは、我が家でも愛用させていただいてるトイレの一つです。鉱物系の大き目のネコ砂なので、脚の裏に付きにくく、また2匹の猫が使っていても砂も長持ちします。トイレシーツは前後を手を汚さずに入れ替えられるので、無駄がなく、しっかりと吸収してくれ臭いもありません。本当に、締め切った部屋でも臭いが気にならずに使用できます。

また、このタイプのシステムトイレでは木のチップで出来たものや、紙のようなものなど種類が多く出ています。私の経験談ですが、他のメーカーのシートや猫砂を使用しましたが、問題なく使用できました。もし、購入後に、ネコちゃんがトイレの砂を気に入らなくても、他のメーカーの猫砂に戻すこともできるので失敗は少ないとおもいます。


デオトイレ 1週間消臭・抗菌デオトイレ 本体セットハーフカバー ナチュラルグリーン


花王 ニャンとも清潔トイレセット ブラウン オープンタイプ [猫用トイレ本体]

フード付きシステムトイレ

これは、先ほどご紹介させていただいたシステムトイレのフードがあるものになります。こちらも我が家では愛用しています。このフードが付いているタイプも一番のメリットは、ネコちゃんが大きい方をした時にでる臭いを抑えてくれる効果があると思います。このタイプのシステムトイレですと匂いはほぼしないのですが、やはり出来立てほやほやだと、多少は臭いは発生しますが、このフードがカバーしてくれるのか、あまり気になりません。


花王 ニャンとも清潔トイレセット ドームタイプ ブラウン [猫用トイレ本体]


デオトイレ 1週間消臭・抗菌デオトイレ フード付き本体セット (アイボリー)

ノーマルタイプのトイレ

 一般的に猫トイレとイメージして出てくるタイプの猫トイレだと思います。こちらのタイプのトイレは以前のネコと、今のネコと使用してた(昔はこのタイプの猫トイレしかなかった)のですが、こちらのトイレのデメリットが我が家のネコは足の力が強いのか、猫砂をほぼ外へ掻き出してしまいトイレをするたびに、辺り一面猫砂(鉱物系)になってしまいました。鉱物系の砂の砂だからかな?と紙タイプにしたら同じように掻き出してしまい、紙ホコリも舞い上がってしまい散々な目にあって、今は物置の中へ入ってます(笑)

メリットとすれば、中に居れる砂のコストが安いのが一番ですね。またセパレート型になってるわけではないのでシートも必要ないですし。紙タイプやオカラタイプ(うちのネコは、オカラの猫砂食べてましたw)だと、水洗トイレに流すこともできるので処理が楽です。


アイリスオーヤマ 猫トイレ オープン くろ Sサイズ


ボンビアルコン (Bonbi) ラクラク猫トイレ Wブロック アイボリー

フード付きのノーマルタイプ

こちらはノーマルタイプの猫トイレにフードと足の砂を落とす機能が付いた猫トイレです。こちら以前の猫に使っていました。ネコの足の裏の肉球に付いてしまい、部屋が散らかってしまう原因の猫砂をネコがフードをくぐるときに落としてくれる機能があります。こちらは中々使えましたね(笑)中に入れる猫砂も猫ちゃんの好きな砂を使えます。また、フードがあることで用足しをしているのを見られたくない猫ちゃんには、安心してトイレを済ますことができますね。

アイリスオーヤマ システムトイレ用 楽ちん猫トイレ フード付きセット グリーン


アイリスオーヤマ 脱臭ワイド猫トイレ ホワイト


サヴィッチ(SAVIC) ネスター ジャンボ フード付きトイレ 大型猫用 グレー/ホワイト


アイリスオーヤマ 散らかりにくいネコトイレ ブラウン

2か所の入口の猫トイレ

珍しいタイプの猫トイレも今では数多くあります。こちらのタイプの猫トイレは上からも、丸型のドアをくぐってもトイレに入れる猫トイレです。活性炭フィルターもついていて気になる匂いも消臭してくれます。見た目のデザインもおしゃれで、カラーも白・ピンク・グリーンと3色あるので部屋のイメージに合わせて設置できますね。


Yihiro 猫トイレ 全閉式 組み立て式 両門 消臭抗菌 大型 安心して頼もしい 猫砂の飛び散り防止、快適に使える猫トイレ本体 (グレー)

持ち運びできるポータブル猫トイレ

猫ちゃんと一緒にお出かけするとき、実家へ帰省したり、ネコ好きなお友達のお家へ一緒にお出かけしたりしたときに大活躍するタイプのトイレです。折りたためてコンパクトになるので、紙タイプの猫砂と一緒で軽くて持ち運びも便利ですね。また、最近では災害の時や、避難所へ行ったときにネコちゃんがトイレに困らないように防災バックに常備しておくかたもいらっしゃいます。色々なサイズやカラーもあるので、お部屋にマッチするものも選べるのが嬉しいですね。


猫壱 ポータブル トイレ 黒


猫トイレ ポータブル トイレ 持ち運び便利 可愛い猫ちゃんにやさしいプレゼント (黒)


Jeerui 猫トイレ 猫砂鉢 ニャンとも清潔トイレセット オープンタイプ ポータブル/持ち運べる 折りたたみ 軽量 簡易トイレ 車載にも適用 撥 水 収納可能 size 46 * 35 * 14cm (ブルー)


猫トイレ ポータブル/持ち運べる 折りたたみ 軽量 簡易トイレ ペット用品 防水


まとめ


デオトイレ 快適ワイド 本体セット

「ネコのトイレって何がいいの?おすすめの猫トイレ7選」いかがでしたか?私がネコのトイレ選びで迷い、様々なタイプの猫トイレにチャレンジしましたが、現在はユニ・チャームのシステムトイレのフード有とフード無を4つ使っています。子猫用のも使っていたのですが、ネコの成長と共に小さくなってしまったので通常サイズのネコトイレに落ち着きました。最近では多頭飼い用や、大き目サイズのネコのトイレも発売されたので次の買い替えの時に購入したいと思っています。ネコのトイレ何にしよう?と迷っているかたがいらっしゃったら是非参考にしてみてください。


2019年2月20日

Posted by neko