もっとこっちを向いて。冷たい態度のネコに好かれる方法

2019年2月15日

家のネコをしつこく構いすぎて、ご飯の時しか寄ってきてもらえない飼い主のnekoです(笑)そんな私ですが、ネコに好かれるようになりたいと、日々考えています。そこで今回は冷たい態度のネコちゃんに好かれるためのポイントをご紹介します。

ネコに好かれる接し方を知る

 

ネコは大きな声を出す人や、初対面の人は警戒してしまいがちです。また、急に近づいてくる人も怖がります。まずは、猫ちゃんに「この人怖いな・・・。苦手だな・・・。」と、思われないような接し方をしっかりとマスターしていきましょう。

neko
ネコが慣れるまでは我慢です!ネコは、初めて会う人やものを怖がることもあります。いきなり仲良くなろうとしないで、少しずつ「怖くないよ」と教えてあげましょう。無理やり触るのは絶対ダメ!ゆっくりと時間をかけて慣れさせることがポイントですよ

ネコに好かれる人になるポイント

チェック1. 優しく接しよう

ネコの体は小さくてとても敏感です。耳や尻尾はとくにデリケートな所なので、なるべく触らないようにしましょう。

チェック2. しつこくしない

寝ているネコを無理やり起こしたり、何度も声をかけたり、長時間触り続けたりするのはやめましょう。触りたい撫でたい気持ちもわかりますが、嫌われる原因になってしまいますよ。

チェック3. 大声を出さない

ネコは人間の約4倍も耳が良いといわれています。なので、大きい音はとっても苦手なのです。大声で話しかけたり騒いだりする人は「うるさいニャー」と、逃げてしまいます。

チェック4. 高めの声で話す

ネコの鳴き声の「ニャ―」は、人間よりも高めです。この声をまねして、少し高めの声で話しかけると「お!仲間かな?」と思ってもらえるようになります

ネコが好きな事と嫌いな事

一緒にネコと暮らしていて、ネコちゃんは飼い主さんと一緒に居ることが幸せだと思っているのでしょうか。ネコに「楽しい♪」と思ってもらうのも飼い主の仕事の一つですね。ネコは、活発な運動や、狩りの練習をすることが大好です。一方で、苦手なこともあります。好きなことと、嫌いな事の両方を理解しておくこともネコに好かれるポイントの一つですね。

neko
時々素っ気ない態度をとるのは、一人になりたい気分になったとき。いつもは「甘えん坊」って言われるくらい、飼い主のヒザの上や背中に乗ってるんだけど、一人になりたいときもあるから、その時はあんまり構わないでね。

ネコが喜ぶこと ベスト3

  1. おもちゃで遊ぶ 
    もとは小動物などの獲物を追いかけて食料にしていたネコです。今でも狩りはネコの本能をくすぐる楽しい遊びの一つです
  2. なでる 
    ネコ同士の挨拶には、お互いに毛づくろいをすることがあります。人間は手のひらで優しくネコの体をなでてあげましょう
  3. かくれんぼ 
    ちょっとかくれて、声だけ出してみてみましょう。「あれ?居ないのに声が聞こえる!」とネコの好奇心をくすぐることができますよ

ネコが嫌がること ベスト3

  1. じーっと見つめる 
    ネコの世界では、見つめ合う事は、ケンカを意味しています。見つめられると落ち着かなくなり、怖がってしまいます
  2. 追いかける 
    無理やり抱っこをしようとして、ネコを追いかけてしまうと「おそわれるの?」とおびえさせてしまいます。怖がらせないよに気をつけましょう
  3. 急な動きをする 
    ネコが横に居たり、近くにいるときに急に立ち上がったり、急に大きな動作をしたりすると、びっくりさせてしまいます。ゆっくりリラックスするのが好きなネコ。ネコちゃんのペースに合わせ、近くに居る場合はゆっくりと動作するようにしましょう
注意!

おやつも好きだけどあげすぎはダメ 

おやつはいつもの主食より、おいしい味付けになっています。なので、ネコは基本的におやつが大好きです。でも、食べすぎは肥満のもとです。あげすぎないように注意しましょうね

ネコと一緒に楽しく遊ぼう

ネコは気まぐれで、ほっといてほしい時、甘えたいときそして遊んでもらいたいときと気分屋さんです。もし、ネコがお腹がいっぱいなのに構ってほしそうにしていたり、飼い主さんの方をじっと見ていたら、それは「遊んで♪」のサインかもしれません。家の中で暮らすネコにとって、飼い主さんと遊ぶ事は大事な運動の一つです。肥満を防ぎ、健康を守るのにかかせません。

neko
ねぇねぇ、暇だから遊ぼうよ♪一緒に遊んでくれたら嬉しいニャン

ネコからの遊びたいのサインを見抜く

  1. お腹を見せる 
    ゴロンと横になってお腹を見せてきてくれ、じーっと飼い主さんを見てきたら遊びに誘ってるサインです
  2. スリスリしてくる 
    飼い主さんの手や足元に頭をスリスリとしてこすってきたら、甘えている証拠です。たっぷりと遊んであげましょう
  3. じーっと見つめてくる
    飼い主さんの動きをじっと見て、何か反応している様子も遊んでもらいたいサインです。リクエストに応えて遊んであげましょう
注意!

遊ぶ時に気をつけたいこと

  • 1回の遊ぶ時間は15分間
    ネコは遊びに夢中になりすぎると、体力の限界まで遊んでしまいます。しっかりと時間を決めて無理のない範囲で遊ばせましょう
  • 人の手で遊ばせない
    子ネコのときに、人の手にじゃれつかせて遊ばせていると、大人ネコになったときに、強く手を咬むことがあります。必ずオモチャ等で遊びましょう。

上手な抱っこの仕方を覚えましょう

ネコの中には抱っこをされることが嫌いな子もいます。無理に抱っこをしようとしないで「ネコが好きな事と嫌いな事」をマスターしてからチャレンジしてみましょう。ネコとしっかりと信頼関係を気づいて「この人なら怖くない」と思ってもらえるようになってからチャレンジしましょう。

neko
優しく抱っこしてくれると赤ちゃんになった気分でご機嫌ニャン♪思わず喉がごろごろ鳴って眠くなっちゃうニャン

ネコを抱っこするコツ

抱っこしている最中に、間違ってネコを落とさないように、ネコを抱っこするコツをおぼえましょう

  1. 体全体を支えて抱っこする 
    不安定な支え方だと、ネコが落ち着けません。抱っこは怖いものだと覚えてしまいます
  2. 嫌がるところは触らない 
    しっぽ等、触ると特に嫌がるところは触れないように気をつけましょう
  3. 尻尾を振ったらやめましょう 
    尻尾を振るという事は「ちょっとヤダ」という、ネコからもうやめてねというサインです。無理にしつこく抱っこするのはやめましょう
point

子ネコのうちから慣れさせましょう

小さい頃から慣らしておくと、大人ネコになってからでも抱っこが大好きなネコになってくれます。抱っこはネコと飼い主のコミュニケーションだけにとどまらず、体にどこか悪い所がないか等の健康チェックの他、ブラッシングなどのお手入れをするときにも役立ちます

ネコとコミュニケーションをとろう

ネコはもともと、ネコ同士で毛づくろいし合う動物です。なでられたり、ブラッシングされたりというのは基本的に好きです。ポイントは、優しく上手になでることです。そして、ネコがなでてほしいタイミングを見つけることです。リラックスしているときに、やさしくなでてあげましょう。

neko
お母さんに舐めてもらったのを思い出して、なでられるとうっとりとして幸せな気分になるんだニャ。幸せ過ぎて子猫の気分に戻っちゃう
なでて良い時、悪い時

なでていいとき🆗

  • 体をゴロンとしてクネクネさせているとき
  • しっぽをピンと立てて歩いているとき
  • リラックスして横になって寝ている時

なでられたくないとき🆖

  • 自分で毛づくろいをしているとき
  • 集中して遊んでいる時
  • ご飯を食べたり水を飲んだりしているとき

 

2019年2月15日

Posted by neko