スポンサーリンク

家庭でできる花粉症対策

いつも憂鬱になる花粉症は、代表的な鼻アレルギー疾患です。現在、日本人の20%以上が花粉症だといわれており、国民病の一つといわれています。そもそも、花粉症とはいったいどのような病気なのでしょうか。簡単に言うと「スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水・鼻閉・目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす病気」ということができます。

スポンサーリンク

アレルギーと花粉症

私たちの体には、細菌やウイルスなどの外敵が入り込んできた時、それを排除し、健康を守ろうとする能力が備わっています。この働きは「免疫」と呼ばれ、体にとって欠かすことのできないとても有益なものです。しかし、何らかの原因で「免疫」とおいうシステムに異変が起こり、本来外敵でないものに対してまで過剰な反応を起こし、身体に危害を与え、さまざまな病気としての症状が表れてしまうことを「アレルギー」といいます。

花粉症は、鼻に生じるアレルギー疾患であり「アレルギー性鼻炎」の中でも、特に植物の花粉が原因となっているものを称します。それは、花粉によるアレルギー性鼻炎には特徴的な病態があるからです。花粉が原因ですので、花粉が飛ぶ季節性、地域性があります。例えばハウスダストによる場合はほぼ無いのですが、目がかゆくなるアレルギー性結膜炎を起こすこともあるからです。

アレルギーの原因となる物質はアレルゲンと呼ばれ、花粉症ではこれらアレルゲンが鼻内の粘膜に付着し、何らかの原因で過敏な免疫反応が起こり、鼻や目などにさまざまな不快な症状が表れます。花粉症のアレルゲンとして、スギ、ヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギ等、数多くの種類があります。

日本では、スギ花粉によるアレルギー性鼻炎があまりに多いので、花粉症というとスギ花粉症をさすほどです。しかし、実際はスギだけにアレルギーがある人は意外に少なく、花粉だけに限らず、ダニやハウスダスト、ネコや犬のフケなど、通年性アレルギー性鼻炎の原因となるアレルゲンにも反応がある人や、スギ以外の花粉にも反応がある人など、多くの人がいくつかのアレルゲンを重複して持っています。つまり、花粉症=スギ花粉アレルギーということではなく、スギのアレルギーがある人は、そのほかの花粉が飛散する時期も花粉症が生じる可能性があるという事なのです。

花粉症の診断

花粉症の正しい治療のためには、正確な診断が欠かせません。まず、詳しい問診が必要となってきます。三大症状のくしゃみ、鼻水、鼻閉の有無、季節との関係、他のアレルギー疾患の既往や、自身だけでなく血縁者のアレルギー疾患の有無などがあります。次に鼻内の観察があります。アレルギー症状の強い人は、特に鼻内粘膜が蒼白となっていて、専門医なら見ただけで診断がつくほどです。そのほか花粉症の診断によく利用されている検査は、皮膚の表面にアレルゲンを直接注射する「皮膚テスト」や、血中のアレルゲンに対する抗体の量を測ることで、十種類以上のアレルゲンが特定できる「RAST法」などが代表的な検査になります。

風邪と花粉症の症状の違い

花粉症の鼻の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻閉があります。この症状は、鼻に入ってきた花粉を吹き飛ばし(くしゃみ)、鼻粘膜表面に付着した花粉を洗い流し(鼻水)、さらなる花粉の侵入を防ぐ(鼻閉)の防御反応がでます。ですが、その一方で、同じ症状のくしゃみ、鼻水、鼻閉は風邪のひきはじめの症状にも似ていますが、風邪はウイルス感染によるものです。症状は、2から3日でくしゃみは改善し、鼻水の性状は水様性から粘性、粘膿性へ変化し、1から2週間で多くの例ではよくなります。また、風邪はその他に発熱、咽頭痛、咳、全身の筋肉痛などを伴う場合があります。ですが、花粉症では毎年のように、ほぼ同じ時期にくしゃみ、鼻水、鼻閉、目のかゆみ、流涙などが認められ、1月や2月ごろから4月5月頃まで長く続く症状があり、そこが大きな違いです。

花粉症は治るのか?

花粉症は、同じアレルギー疾患であるアトピー性皮膚炎や喘息と比べると完治する可能性が低い病気です。自然治癒の場合も少なからずありますが、多くは高齢者の方で、それ以外の年齢層で自然に治るというのは残念ながら期待できません。それでは、花粉症の治療とはどのようなものがあるのでしょうか。以前はステロイド剤を筋肉注射する治療を行っているところもありましたが、現在では好ましくない治療法とされています。誤った治療方法ではありませんが、薬剤の作用機序や副作用で評価されていないものとされています。副作用の具体例として、感染症の悪化、糖尿病、精神障害、骨粗鬆症、緑内障、血栓症、喘息発作などがあります。また、筋肉注射特有の副作用として、注射部位の組織の萎縮による陥没がみられることもあります。現在の花粉症の治療には、大きく分けて4つの治療法があります。

1.アレルゲン回避

アレルゲン回避とは、花粉を吸い込まないとういう方法です。もし、花粉症になる素質のある人でも、花粉を吸いこむことがなければ症状がでることはありません。これはすでに、花粉症になっている人も同じことをいえます。外出時はマスクや眼鏡を着用し、衣服にはつるつるとした上着を羽織り、室内に入る前に花粉を十分に落としましょう。家の中には空気清浄機を置き、洗濯物は外で干さない方が望ましいでしょう。それと、もう一つはディーゼルの排気ガスが花粉症の症状を悪化させているという事例もあります。トラックなどの通る幹線道路を歩くときは花粉症の季節を問わず、マスクの着用がおすすめです。

2.薬物治療

多くの医療機関で、この薬物治療の治療法を行っています。薬物には、経口薬と点鼻薬、点眼薬があります。経口薬には抗アレルギー薬とステロイド薬があります。

抗アレルギー薬

抗アレルギー薬は、花粉の飛び始める二週間程前から服用を始め、シーズン中も継続すると、より高い効果があることが実証されています。花粉の飛散量が多くなった時期でも症状をコントロールしやすく、そのシーズンの症状を軽くすることができます。特に、毎年の症状が中等以上になるかたで、楽に花粉シーズンを乗り切りたいと考えている方におすすめです。内服のステロイド薬は副作用も多く、どうしても症状が辛いときに頓服で二週間を目途に服用します。

点鼻薬

点鼻薬には抗アレルギー薬の一部、ステロイド薬、血管収縮薬、抗コリン薬があります。最も使用されているのは、局所ステロイド薬で、くしゃみ、鼻水、鼻閉の症状に効果があり、経口ステロイド薬のような副作用はほとんどありません。ただし、即効性はなく、つけた時点では「これ効いてるの?」と思ってしまう場合がありますが、長い目で見て使用することにより、確実に効果を実感できます。血管収縮薬は、薬局で市販されている鼻炎治療薬にも使われていてる薬ですが、特徴的な副作用があります。主に鼻閉に効果のある薬剤で、非常に即効性がありますが、使いすぎると徐々に効果が体感できなくなったり、使わないときは、逆に鼻閉がひどくなってしまうこともあります。この副作用がでる頻度は高く、市販薬でも持続的に使用しないことが必要です。どうしても鼻閉がひどいときに、頓服で使うことが大切です。また、二歳以下の子供には使用しない方がいいでしょう。

3.減感作療法

原因のアレルゲンを少しずつ体に注射する方法で、アレルゲンが鼻から入ってきてもびっくりさせない、鼻のアレルゲンに対する反応性を減らす治療方法です。簡単に言えば「花粉に体を慣らしていく」という治療方法で、昨今では直接体に吸収させる「舌下免疫療法」もこの中に含まれます。この減感作療法は、二年以上の長い時間がかかることと、季節の間際からでは始められないのが欠点です。体の拒否するようなアレルゲンの注射なので、まれですが強い全身のアレルギー反応が生じることがあり、注意が必要です

4.手術療法

レーザー治療が最近では、多く行われています。アレルギー症状を起こす中心である鼻内粘膜を一部レーザーにより焼灼し、粘膜を変性させることによりアレルギー反応を抑えようとする治療方法です。どうしても、花粉症のときの鼻閉がひどい場合のときは効果的です。

まとめ

花粉症の治療の第一歩は、自分が花粉症であるといいうことを知ることだと思います。そのためには、一度耳鼻咽喉科を受信して、しっかりと診察や検査をしてもらう必要があります。

何となく市販の風邪薬を飲んでみたり、鼻閉のたびに市販の点鼻薬を使っているという方は多いと思いますが、花粉症という病気は、次年度からも同様な時期に、同様かまたはそれ以上の症状を発生させる可能性が高い病気です。アレルゲンを同定し、計画性のある治療をうけることが大切ですね。

 

Posted by neko