どーしたの?ネコのしぐさで分かる病気のサインを見逃すな!

2019年2月18日

毎日一緒に生活してる猫ちゃんが、「あれ?いつもと違うしぐさをしているな?」と気が付いたとき、それはもしかしたら病気のサインかもしれません。ネコの病気のサインを理解して、ネコの病気の早期発見に役立てましょう。そこで、今回は「ネコのしぐさで分かる病気のサイン」をご紹介させていただきます。

猫が風邪ひく?風邪のサイン

ネコが風邪をひいてしまって、それが原因で鼻がつまると、口で呼吸をするしぐさをします。普通では、ネコは口で呼吸をすることがないので、口をパクパク開けて口呼吸をしていたら、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

ネコの中耳炎を見分けるサイン

ネコが、頭を何度も何度も振っていたり、かゆそうに耳を足でひっかいていたら、耳に何らかの違和感があるサインです。耳の中に虫などの異物が入り込んだのか、中耳炎などになっている疑いがあります。

足を痛そうに引きずっていたら

katerinavulcova / Pixabay

ネコがいつもと違う歩き方をしていて、それが足を引きずって歩いていたら、肩の関節の異常の可能性があります。足をしっかりと床につけないように、ヒョコヒョコと歩いている場合は、リウマチや巻き爪などヒザから下の足先に問題があるサインです。

しつこいぐらい体を舐め続ける

ネコが、しつこいぐらい体の一部を舐め続けていたり、ご飯を食べる量や、水を飲む量が急激に増えた場合などの過剰な行動が見えたら、何か体に異常が起きていることだと疑いましょう。食欲が増した場合は、寄生虫や糖尿病の疑いがあります。水を多く飲む場合は、腎疾患の可能性があります。そして、過激なグルーミングは皮膚病の可能性があるので、どの症状にしても早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

2019年2月18日

Posted by neko