どっちも迷って選べない!ネコと犬の違いの比較

2019年2月18日

動物を飼っているとネコ派と犬派によくわかれますよね。私は両方大好きですが(笑)そこで、今回はネコと犬の違いはなんなのか比べてみることにしましょう。

ネコと犬の先祖は?

StockSnap / Pixabay

犬と猫の先祖は、実は同じご先祖様なのです。ミアキスという、イタチに似た体型をした肉食獣でした。そのため、ネコと犬には体の構造など、似ているところがたくさんあります。ですが、能力や行動にはいろいろな違いがあります。

ネコと犬の能力の違い

例えば、ネコはキャットタワーなどの垂直でジャンプしたりする運動が好きなのに対して、犬の場合はドッグランなどの広い場所で走り回るなどの平面的な運動が大好きです。これは、ネコの祖先は森の中で、犬の祖先は平原を住む場所としてきたからです。

ネコと犬の前足の動きの違い

ネコと犬の特徴的な違いの一つとして前足があります。ネコの前足は、器用にものをチョイチョイと動かしたり、つかんだり。また、勢いよくパンチしたり、抱え込んだりと様々な動きができます。その理由はネコには鎖骨があるからなのです。鎖骨があることで、飛び降りたときに方にかかる負担も少ないため、木の上から獲物に飛び掛かって前足で捕まえる狩もできるのです。

それに対して、犬には鎖骨がありません。前足で獲物を捕まえる動きをすることはできません。しかし、犬の場合は走ることに特化した足を持っています。速さと持久力が発達した犬は、獲物を何キロも追いかけて、追い込んでから力強いアゴで噛みついて仕留める狩猟のスタイルになったのです。

2019年2月18日

Posted by neko