飼うならどっち?オス猫とメス猫の性格の違い

2019年2月18日

オス猫とメス猫の違いは、子猫のときは性別による違いというのは見られませんが、成長してくると全く違った特徴があります。そこで、今回はオス猫とメス猫の性格の違いについてご紹介させていただきます。

メス猫の性格

一般的にメス猫は、オス猫と比べて繊細で慎重な子が多いようです。自立心が強く、少しクールでそっけないところがあるとも言われています。それは、メス猫は大人になると母猫になり、子猫を守る立場になるからなのです。飼い猫で出産経験がなくても、子猫気分を持ち続けながら、ときには母猫モードになるkとおも多くあり、飼い主とも適度な距離のある付き合い方をする子が多くいるようです。

オス猫の性格

オス猫は、野良猫の場合は生後半年ほど経過すると母猫に攻撃されてしまい、強制的に独立します。新しい自分の縄張りを探しに、放浪の旅へ出ます。しかし、飼いネコの場合は成長しても、飼い主さんに追い出されることはありません。そのため、いつまでもいつまでも子猫の気分で飼い主さんを母猫と思い、甘えてくる子が多くいます。メス猫と比べて、開けっ広げで甘えん坊な傾向があります。ですが、性成熟を迎えると本能から自分の新しい縄張り探しに出かけたくなってしまうので、メス猫よりも脱走してしまう傾向があります。そのため、メスでもオスでも早めに避妊・去勢手術をして、大事な家族の一員を大切に守りましょう。


2019年2月18日

Posted by neko